WORLD SWITCH

導入事例ACHIEVEMENTS

中古業界に現れた救世主?!業界専門のシステムであるからこその強み!株式会社 日創(ブランドピース)取締役部長 西川公康様

関西を中心に5店舗を構えるブランドリサイクルショップ。
お客様のお品に対する想いを、多彩な販路を使って日本全国に届けています。

はじめに、ブランドピースの業務内容を教えてください。

西川:ブランドピースは「想いを繋げるブランドリサイクルショップ」をビジョンに掲げたショップです。
他社に負けない高価買取が可能な店舗、店頭販売や自社サイトなどの販路などを通じて、そのビジョンを達成するために日々努力しています。

中古業界の手本となるようなショップですね。

西川:いやいや、恐れ多いです。
以前は大手で働いていたんですが、今はブランドピースでお客様の立場に立った店舗づくりにやりがいを感じています。

どういった商品を扱うことが多いんですか?

西川:そうですね。うちはエルメスが多いのが特徴で、リサイクルでも高級品を多くを扱っていければと思って展開しています。

痒い所に手が届くシステム!?

ワールドスイッチを知った経緯は?

西川:すみません、それがあまり覚えていなくて(笑)
おそらく紹介だったと思います。

大丈夫です(笑)ワールドスイッチを導入しようと思った理由は?

西川:導入前は某N社を使用していました。
でもN社のシステムは中古業界専門のシステムではなかったため痒い所に手が届かないってことが多くて、スタッフからも不満がけっこう出ていました。
ワサビさんは中古業界出身で業界のことをよく考えられていて、しかも中古に特化したシステムなので期待して導入しました。

具体的にはどのような機能に期待されましたか?

西川:海外販売にも対応していたことはすごく良いところだと思いました。
あと画像処理機能(別ツールのフォトレタッチのこと)もついていたことは役立ちそうだと。

導入にあたって、大変だったことはありますか?

西川:独自のデータベースとの連携が大変でしたが、そこは専門のワサビさんですよね。
データベースに格納している内容などもご存じで、うまくフォローいただきました。

作業を1人で完結することができる?!

導入前に困っていたことはありますか?

西川:うちのブランドは多店舗展開しているので、店舗同士の在庫連携ができていないことがネックでした。
各モールへの出品作業(現在8モール展開)に手間がかかっていたのが痛かったです。

ワールドスイッチを利用したことで、何が変わりましたか?困っていたことは解決しましたか?

西川:困っていたことは解決しました。店舗同士の在庫連携もうまくいきましたし、出品作業も楽になりました。
ボタン一発で各モールに出品できる機能は一番役に立った機能です。
受注一括処理などもある程度ワールドスイッチ内で完結するので効率が格段に良くなりました。

重宝している機能はありますか?

西川:価格の一括変更処理や、在庫の上げ下げがまとめてできる機能は本当に便利です。

運用面ではどのような変化がありましたか?

西川:今まで受注担当、加工担当、撮影担当など担当を分けていたんですが、分ける必要があるのかなって思ってしまうくらいです。
特に特別な知識がなくても、極端な話1人で完結できると感じています。
実際にはそのようにはしていないんですが(笑)、それくらい劇的に変わったと感じています。

実際に使用しているスタッフさんの評判はどうですか?

西川:効率が良くなったと言っています。受注なども各サイトを開けなくてよいのでスムーズだと。
加工もオートフォトレタッチでできるのでその時間も削減されて、喜んでいます。

中古業界の牽引者に!?

ワールドスイッチにこれから期待することはありますか?

西川:現状、自社のデータベースは別にあるのですが、将来はワールドスイッチに一本化したいです。
集計機能などを充実していただけると可能だと思っています。

ワサビへ一言、お願いします。

西川:中古業界を専門にしているワサビさんだからこそサポートできることがたくさんあると思います。
私たちも導入、運用にあたって、いろいろ助けていただきました。
今後も期待してます!中古業界の牽引者となってください!