送り状

発送後CSV取り込みのしくみ

各配送会社の送り状を自動で発行できる機能はございますが、
各システムがメンテナンスを行っている場合など、不備があった場合に、「発送後CSV取り込み」もご利用いただけます。

佐川e飛伝やヤマトB2クラウドなどで、送り状を発行した後に、
その送り状をCSVデータで書き出し、それをワールドスイッチに一括反映できる機能になります。

原則、各配送システムからダウンロードしたフォーマットはそのまま使用できます。

そのCSVのしくみ・仕様について、ご案内いたします。
仕様を活用し、別システムからの取り込みも可能です。

佐川e飛伝

ヘッダー項目を判断し、その列を取り込みます。
列数は特に関係なく、下記列のみを読み込むため、最小で2列になります。

  • お客様管理ナンバー = WS表示注文ID (こちらでWS各受注に紐づきます)
  • お問合せ送り状 = 送り状番号

ヤマトB2クラウド

固定列で判断し、その列をそのまま取り込みます。
ヘッダー項目は無視し、ヘッダー無しでも取り込めます。
5列目以降は、省いても問題ありません。

  • 1列目の項目 = WS表示注文ID (こちらでWS各受注に紐づきます)
  • 4列目の項目 = 送り状番号

EMS

ヘッダー項目を判断し、その列を取り込みます。
列数は特に関係なく、下記列のみを読み込むため、最小で2列になります。

  • Invoice number = WS表示注文ID (こちらでWS各受注に紐づきます)
  • EMS item number = 送り状番号・トラッキングナンバー

ゆうパック

ヘッダー項目を判断し、その列を取り込みます。
列数は特に関係なく、下記列のみを読み込むため、最小で2列になります。

  • お客様側管理番号 = WS表示注文ID (こちらでWS各受注に紐づきます)
  • お問い合わせ番号 = 送り状番号・トラッキングナンバー

補足:WS表示注文IDとは

各モールの受注番号ではなく、WSで受注が取り込まれたり、生成された際に連番で振られるIDです。
WS上デフォルト状態では表示がされていませんので、ご注意ください。
WSから送り状データを出力する際には、「お客様番号」として書き出されています。

ヤマトB2の伝票がワールドスイッチから直接印字できるようになりました

ヤマト運輸のB2クラウドをご利用の方向けに機能を追加いたしました。

これまで、ヤマトの送り状用csvをダウンロードし、B2に読み込んで印字していた作業がこれからは1クリックで完了します。

また、送り状番号も自動で取得しますので、「発送後CSV取り込み」作業も必要ありません!

 

ご利用までの流れ

ビジネスメンバーズアカウントの設定

B2クラウドでお使いのビジネスメンバーズのお客様コードとパスワードをワールドスイッチの該当箇所に入力してください。

 

入力箇所

メインメニュー>基本設定(画面右上)>会社設定>ヤマト設定

※用紙設定などはB2クラウドの設定が引き継がれます。

送り状ラベルの印刷方法

1.配送伝票印刷画面を開きます

これまで同様に、受注一覧から該当の注文のチェックを入れて送り状ダウンロードを選ぶか、注文詳細画面から送り状発行を行います。

 

《受注一覧から印字する場合》

《受注詳細から印字する場合》

 

2.PDFを表示・ダウンロードし印刷します

1.「PDFをダウンロード」を選ぶと送り状のイメージがダウンロードされます。

2.「PDFをブラウザに表示」を選ぶとブラウザから直接印刷ができます。

3.これまで通りB2クラウドから印字する場合は「csvをダウンロード」を選択して下さい。

 

ダウンロードされたPDFもしくは表示された印字イメージを印刷してご利用ください。

3.ダウンロード・印刷が完了しますと送り状番号が取り込まれます

注意)同じ操作を何度も行いますと、最新の番号を上書きしますので、既に送り状を印字して商品に貼り付けた後は十分にお気をつけください。

この時点ではワールドスイッチへ送り状番号の取り込みを行うだけで、発送通知や送り状番号のモールへの連動はこのタイミングでは行いません。

B2クラウドにも印字操作の回数分だけ発行履歴が残ります。

 

ご利用にあたっての注意点

1.宅急便コンパクトやネコポスも利用したい

これまで宅急便のみを利用していたが、新たに宅急便コンパクトやネコポスも利用したいといった場合には、ワールドスイッチ上で設定が必要となります。

また、配送方法設定で宅急便コンパクトを設定してあるが上手く印刷されない場合などといった場合も出力の設定が必要な場合がございます。

その際は弊社サポートスタッフまでご連絡ください。

 

2.送り状の品名1に order_id:〇〇〇〇 の文言が追加されます

送り状番号の自動取得のために、品名1に「order_id:〇〇〇〇」が追加されます。

そのため品名1の文字数がオーバーしてエラーとなる場合がございます。

その際は品名2にこれまでの品名1を表示させるなどの設定変更を行わせていただきますので、弊社サポートスタッフまでご連絡ください

 

3.プリンターを変更した場合(インクジェットからレーザーへ等)

ワールドスイッチ上での送り状印字イメージはB2クラウドでの設定が反映されます。

プリンターを変更する場合などはB2クラウドの設定の見直しをお願致します。

【重要】Reebonz受注でのDHL配送一時停止を受けて

9月初頭より、リーボンズマーケットプレイスでの受注に対し、DHL配送が利用できない状態になっております。
一時的にFedExでの配送に切り替わっておりますが、管理画面からの送り状発行ができません。

つきましては、ワールドスイッチ「注文」画面での「ReebonzDHL」ボタンは現在利用ができかねます。
エラー表記となるため、リーボンズ管理画面での復旧が完了するまで、今しばらくお待ちください。
復旧直後でも、仕様変更などを調査・対処の必要があるかもしれないため、しばらくは利用できない状況が続く恐れがあります。
予めご了承ください。

なお、詳しい発送方法などは、Reebonzジャパンへ直接お問い合わせください。
以下、Reebonzジャパンからの案内メール文面を、一部抜粋し、記載いたします。

この度は、DHLの集荷・配送/自動書類発行サービスが一時的に
ご利用いただけない状態となっており、出店者様にはご不便を
おかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

現在、システムの復旧作業が続いておりますが、完了までの期間、
お手数をおかけいたしますが、引き続きFedExにてご出荷いただき
ますよう、宜しくお願い申し上げます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※受注後、できる限り早く皆様へ発送書類をお送りいたしますが、
もし、書類がまだ届いていない場合はご連絡ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、現在ご使用頂いているFedExについては、DHLのサービスの
利用が再び可能になった後も、各国に配送する際の送料や関税、
その他の情勢に応じて効率的に併用してく予定でございます。

つきましては、現在FedEx様とは、DHL様との連携システムと同様に、
REEBONZの管理画面上での集荷・配送/自動書類発行サービスの利用を
可能にするために、連携作業を行なっております。また、その作業が
完了するまで約1ヶ月ほどかかる予定でございます。

EMS(国際スピード郵便)送り状発行につきまして

ワールドスイッチでは注文情報を用い、EMSの送り状発行が可能です。

※EMSとは・・・日本郵便が提供する海外発送で利用できる配送サービス

日本郵便との後納契約が必須となりますので、契約状況を先にご確認ください。

ご利用までの流れ

1:EMSマイページのアカウント登録

マイページの機能を利用し、ワールドスイッチから送り状発行を行うため、アカウント作成が必要になります。
https://www.int-mypage.post.japanpost.jp/mypage/M010000.do
「法人のお客さま」からご登録をお願いいたします。

2:ワールドスイッチへのアカウント情報の入力

取得されたアカウントのID・パスワードをワールドスイッチの該当箇所に入力してください。

入力箇所)
メインメニュー>基本設定(画面右上)>会社設定>EMS

※メインアカウントとサブアカウントをお持ちの場合は、必ずメインアカウントを入力してください。
※入力するだけでは、送り状発行はできません。ご注意ください。

3:マイページ大口機能の申請(ワサビから日本郵便へ)

マイページの初期機能では、CSVでの一括登録機能がありません。
「大口機能(CSV使用やサブアカウント管理)」を使用できるアカウントにするため、
弊社から日本郵便に申請を行います。
※「手順2」でのアカウントでログインをさせていただきますので、予めご了承ください。

4:承認後、出力設定を変更

日本郵便からマイページ大口機能が承認されれば、お知らせいたします。
その後、再度マイページにログインしていただき、下記該当箇所を変更してください。
(ワールドスイッチでの連携適正化となります。設定順はございません。)

a:各種設定・登録>お客さま情報確認>お客様番号ゆうびんビズカード番号 の入力


・後納契約をされた際に、日本郵便から提供される「ビズカード」の番号です。
(1000055555-000001-0612345678-000001 のような値になります)
・大口機能承認前でも入力は可能です。

b:各種設定・登録>大口機能管理


・下記設定画面で、すべて「オン」になっているかを確認してください。
・サブアカウントの作成は、各社管理になります。ワールドスイッチへの影響はございません。

c:オンラインシッピングツール>発送予定データを見る>発送データ一括作成>CSV設定

c-1:「CSV設定>一括作成時の内容品帳追加」 →しない

c-2:「CSV設定>55行目、56行目」 →チェックを外す
c-3:「CSV設定>内容品項目開始位置」 →「55」に変更
c-4:「CSV設定>内容品個数」 →「20」に変更

特に、「CSV設定」の情報に不備があると、送り状発行時にエラーが出ることが多いため、必ず設定をお願いいたします。
エラー発生時は、上記のこともご確認くださいませ。

送り状ソフトへの連携方法

国内の配送会社につきましては、ワールドスイッチより発送先データを出力し、そのファイルを各送り状発行ソフトに取り込む形となります。

ワールドスイッチより発行するものではございませんので、予めご注意ください。

送り状発行の流れ

1. 発送データのダウンロード

注文>受注一覧 画面より行います。

該当の受注にチェックを入れ、画面右上の各ソフトの名前ボタンを押してください。

2. 各送り状作成ソフトへの取り込み

こちらについては、配送会社のソフトにより、操作方法が違います。
各説明ページをご参照ください。

 

3. 伝票番号の書き出し、ワールドスイッチへの取り込み

発送完了メールへの記載や、各モールに発送情報を転送するため、発行した伝票番号をワールドスイッチへ取り込みます。

送り状発行ソフトより、伝票番号の記載のある送り状データを書き出してください。

 

そのファイルを用い、「注文>発送後CSV取り込み」画面より取り込みます。

伝票番号が反映された後、ステータス一括移動をして、お客様と各モールに通知できます。

リーボンズ 受注の流れ

リーボンズの受注につきまして、お客様のお名前や細かな住所までは、取り込みができません。

受注が取り込まれましたら、「Reebonz user [受注番号]」として表記されます。

発送の準備ができましたら、ワールドスイッチ内の受注一覧画面、もしくは受注詳細画面の「リーボンズ用のDHL出力」ボタンを押してください。

DHLの送り状がダウンロードされます。

また、同時にお客様名の先頭に「★」が付き、お届け先の国名、および伝票番号の取得を行います。

リーボンズ管理画面では、「Shipped(出荷済み)」ステータスとなり、取引は完了します。

あとは、DHL送り状を梱包した荷物に貼り、DHLで発送をしてください。

reebonz-order-flow

ワールドスイッチの受注ステータスは、発送が完了しましたら、「処理済」にしてください。

自動でステータス移動はされませんので、ご注意ください。