楽天の項目選択肢(セレクトボックス)を設定したい

1.項目選択肢とは

楽天の項目選択肢機能では、ユーザーが購入する際に選択可能なメニューの作成ができます。
在庫設定はできませんが、注文ボタンの上にプルダウン式(セレクトボックス)のメニューや、チェック式(チェックボックス)のメニュー、フリーテキスト式のメニューを作ることができます。
1商品に対して複数のメニューを設定することが可能です。

このページでは、プルダウン式(セレクトボックス)の設定方法をご案内致します。(以下の画像の2番です。)

※選択肢が在庫と連動している形式は「項目選択肢別在庫」で、以下のマニュアルの通り設定可能です。

SKU・規格管理の設定方法

2.項目選択肢を設定する

項目選択肢の情報は、マスタファイルによって管理致します。「select」という名称のマスタファイルを新規作成してください。

(1)マスタファイルをダウンロードする。

商品>マスタ管理より、Excelファイルをダウンロードしてください。マスタ種別はどれでも構いません。

(2)ファイルに各値を入力する。

①ID・・新規追加の際には空白にしてください。

②category・・「select」と入力してください。

ダウンロードした名称のままアップロードすると、上書きされてしまいますので、くれぐれもご注意ください。

③data1・・項目選択肢の項目名を入力してください。

④data2・・項目選択肢の選択肢を入力してください。

※2種類のセレクトボックスを作成したい時には、以下のような記述となります。

(3)編集したマスタファイルをアップロード

Exelファイルをダウンロードした同画面から、アップロードをします。

※マスタファイルの反映は、最大1時間ほどかかることがございます。

(4)出力設定をお申し付けください。

ファイルアップロードが終わりましたら、弊社サポートにChatWorkにてご連絡ください。3.以降の出力設定を行います。

 

3.出力の条件設定をする

全商品に設定したセレクトボックスを適用される場合は、特に必要ございません。

特定の商品のみ適用させる、あるいは複数種類のセレクトボックスを商品によって使い分ける、という場合は、その分岐のための項目を商品登録画面に設置することが必要です。

※例えば「ラッピング」というチェックボックスを作成し、チェックが入った場合のみセレクトボックスを反映させる、など。

 

4.項目選択肢の出力設定をする

システム設定 > コンテンツテンプレート管理 > 楽天市場 > CSV:Select/Checbox用項目指定

「CSV:Select/Checbox用項目指定」に、マスタファイル「select」の「data1」の文字列を入力すると、設定完了です。

3.で条件設定をしている場合は、こちらの項目で出力の分岐設定を行います。

 

 

 

SNSでもご購読できます。