導入

WorldSwitchと各モールの連携開始の流れ

WorldSwitchと各モールへの連携開始のための流れにつきまして、ご案内致します。

1.在庫連携

WorldSwitchに登録されている商品番号と各モールの商品番号が一元化されていることを条件に、在庫連携致します。

そのため、①WorldSwitchに商品中の商品情報をインポート した上で、商品番号がモールによって異なる場合は②商品番号を一元化する 作業が必要です。

①WorldSwitchに商品中の商品情報をインポートする

WorldSwitchには、楽天の商品情報をインポートするツールがございます。

商品番号、商品名、販売価格、商品画像、商品説明など主要な項目をWorldSwitdchの各項目に反映することが可能です。

WorldSwitchに登録された商品の商品番号は、各モールと自動で在庫連携致します。

楽天に出品されていない場合は、他のモールの情報をWorldSwitchに一括登録致しますので、別途ご相談させて頂きます。

②商品番号を一元化する

各モールの管理番号及び商品番号が一致していることが、在庫連携の必須条件となります。それぞれの項目の詳細は以下のマニュアルをご参照ください。

それぞれのモールの商品番号が異なる場合は、一元化する必要がございます。

楽天のように編集可能なモールもございますが、ヤフオクのように出品取り下げをして、出品し直しをしないといけないモールもあります。

各モールの商品番号の状況をご確認して頂き、必要な作業を洗い出してください。

ヤフオクの出品し直しに関しましては以下の流れとなります。

③在庫連携を開始する

②で商品情報がインポートされた時点で在庫連携は開始されますが、モール設定の各アカウントに「-stop」が入っている場合は連携されません。

モール設定に連携に必要なアカウント情報が正しく入力されていますと、在庫連携されます。

 

2.受注連携

受注自体は、各モールの連携に必要なアカウント情報が入っている時点で受注の取り込みが開始されます。

受注ステータスの連携や、メールの自動送信をするためには、モール設定でのチェックなどが必要です。

受注情報のモールへの同期につきましては、以下のマニュアルとなっております。

尚、連携前の受注情報を一旦すべて削除したいなどございましたら、弊社サポートまでお問い合わせください。

タックシールの出力設定方法

WorldSwitchでは、タックシール(バーコードラベル)を出力する際、出力項目やレイアウト、シールのサイズなどを自由にカスタマイズすることが可能です。

1.  出力項目の設定

出力項目の設定は、コンテンツテンプレートで行います。

システム設定>コンテンツテンプレート管理 >ショップ選択>「共通」をご選択ください。
テンプレート選択の「タックシール:」項目で各出力設定を致します。

タックシール:品番
タックシール:バーコード品番
タックシール:表示1
タックシール:表示2
タックシール:表示3
タックシール:表示4
タックシール:表示5
タックシール:表示6
タックシール:表示7
タックシール:表示8
タックシール:画像

※出力の必要がない項目は空白にしておいてください。

① タックシール:品番

商品番号を出力します。

<!––{$商品番号$}––>

②タックシール:バーコード品番

バーコードを出力します。
商品番号に小文字英字が含まれている場合はバーコードの出力が出来ませんので、大文字変換してください。

<!––{$商品番号$|upper}––>

※小文字英字が存在しない場合は、|upper は不要です。

③タックシール:表示1〜タックシール:表示8

出力したい項目を設定します。
商品詳細項目管理で存在している項目は、いずれも出力可能です。

◆出力項目を設定する

<!––{$ブランド$|master_id2data:”data1″}––>

◆文字数制限を設定する
タックシールのサイズに文字数が収まるようにしたい場合は、規定の文字数以内だけを出力するように設定します。

<!––{$アイテム$|master_id2data:”data1″|@mb_substr:0:15}––>

※「付属品」の文字数制限をしたい場合は、一旦全ての項目を変数に収めて、文字数設定をします。

付属品:<!––{assign var = huzoku value = “”}––>
<!––{if $付属品$ || $付属品その他$}––><!––{foreach from = $付属品$ item = item name = “acc_loop”}––><!––{assign var = huzoku value = $ huzoku | cat:$ item}––> <!––{if!$ smarty.foreach.acc_loop.last}––><!––{assign var = huzoku value = $ huzoku | cat: “、”}––><!––{/ if}––><!––{/ foreach}––><!––{if $付属品その他$}––><!––{assign var = huzoku value = $ huzoku | cat: “”}––><!––{assign var = huzoku value = $ huzoku | cat:$付属品その他$}-><!––{/ if}––><!––{else}- ->なし<!––{/ if}––>
<!––{$ huzoku | @mb_substr:0:18}––>

◆複数項目を出力する
1つのテンプレートに複数項目を出力することも可能です。

<!––{if $モデル$}––><!––{$モデル$|@mb_substr:0:15}––><!––{/if}––>
<!––{if $ライン$}––> <!––{$ライン$|@mb_substr:0:15}––><!––{/if}––>
<!––{if $表記カラー$}––> <!––{$表記カラー$|@mb_substr:0:15}––><!––{/if}––>

④タックシール:画像

画像サイズと位置を設定します。
出力例) 37,14,23,22

37 – X軸の位置
14 – Y軸の位置
23 – 横幅のサイズ
22 – 縦幅のサイズ

2. レイアウトの設定

レイアウトの設定は、システム設定>パラメータ設定より行います。
「TACK_SEAL_」で始まる定数が、タックシールの設定項目となります。

◆用紙サイズ、各種項目の印刷位置、フォントサイズなどをカスタマイズする
項目の説明、デフォルト値を参考に、ご設定ください。各項目に下線を設置することも可能です。

◆バーコードの種類の選択
定数:TACK_SEAL_FONTFAMILY_BARCODE
値:Code39 か NW-7をご選択頂けます。

◆出力方法
PDFで出力するか、ブラウザ上で表示するか、選択出来ます。
定数:TACK_SEAL_DOWNLOAD
値:ブラウザ表示は0, PDFダウンロードは1

ブラウザ表示の「0」に設定しておき、実際の出力結果をご確認頂きながらご設定して頂くと効率的かと思います。

3. 出力確認

出力は、商品一覧画面より行えます。
商品>詳細検索>該当の商品をチェックし、ツール>タックシールをクリックしますと出力出来ます。

PDF形式でダウンロードする方法と、ブラウザ上で確認する方法がございますので、出力方法を変更したい場合は、こちらをご変更ください。

各モールとWSの在庫連携について

WORLD SWITCH(以下:WS)と、各モールで在庫連携をする際に
各モールのどの項目が一致していることによって在庫連携がされるかの説明をします。

基準)WS : 商品番号

  • 楽天 : 商品管理番号URL、商品番号
  • ヤフーオークション : 管理番号
  • ヤフーショッピング : 商品コード
  • Amazon : SKU
  • eBay : Custom label
  • Wowma : 商品番号

 

1:楽天市場の場合

楽天市場は、「商品管理番号URL」と「商品番号」の2箇所が、
WS上の「商品番号」と一致していることにより在庫連動されます。

楽天市場在庫連携箇所

 

2:ヤフーオークションの場合(モールへのログインが必要)

ヤフーオークションは、「管理番号」が、
WS上の「商品番号」と一致していることにより在庫連動されます。

ヤフオク在庫連携箇所

 

3:ヤフーショッピングの場合

ヤフーショッピングは、「商品コード」が、
WS上の「商品番号」と一致していることにより在庫連動されます。

ヤフショ在庫連携箇所

 

4:Amazonの場合(モールへのログインが必要)

ヤフーショッピングは、「SKU」が、
WS上の「商品番号」と一致していることにより在庫連動されます。

アマゾン在庫連携箇所

 

5:eBayの場合(モールへのログインが必要)

eBayは、「Custom label」が、
WS上の「商品番号」と一致していることにより在庫連動されます。

eBay在庫連携箇所

 

6:wowmaの場合(モールへのログインが必要)

wowmaは、「管理用ID」と「商品コード」が、
WS上の「商品番号」と一致していることにより在庫連動されます。

wowma在庫連携箇所

楽天のAPI申請方法

楽天のAPI申請はRMSからクライアント様から申請し、
WSのモール設定へ登録していただきます。
※APIの利用はCSV一括商品登録の申し込みをしていることが前提です。

RMSよりAPIの申請

RMS>拡張サービス一覧>WEB APIサービス>申し込み、利用規約確認より
同意してお申し込みください。

必要な機能の状態を利用へ変更

申請完了後、「WEB API」より「利用機能編集」で必要な機能を利用するにチェックする。

必要な機能一覧

※楽天ペイ受注でない場合は絶対に該当部分にチェックをいれないでください。

  • R-CabinetAPI(CabinetAPI)
  • カテゴリAPI (CabinetAPI)
  • ジャンル・タグ検索API(NAvigationAPI)
  • 受注API(OrderAPI)※楽天ペイ受注をご利用ではない方のみ
  • 商品API (ItemAPI) 
  • 在庫API(InventoryAPI)
  • 店舗管理API(ShopManagementAPI)
  • 楽天ペイ受注API(RakutenPay_OrderAPI)※必ず楽天ペイ受注の方のみ!!

モール設定へ登録

利用機能登録後、「WEB API」より「serviceSecret」と「licenseKey」をコピーします。

WSのモール設定>楽天市場より「serviceSecret」と「licenseKey」へペーストして保存して完了です。
まだ連携する前の場合は末尾に「-STOP」を入力してください。

eBayのAPI連携方法

eBayのAPI連携は、eBayとPaypalの2つのAPI登録が必要となります。

PayPalのAPI連携は以下の記事よりご確認ください。
PaypalのAPI情報確認方法

eBayのAPI連携はモール設定より行います。

トークンの取得

モール設定>eBayより、弊社が予め入力してある該当項目の情報を入れた状態で「認証してトークンを取得」をクリックします。

eBayにログインして認証

eBayのログイン画面に飛びログインするとAPIの認証ページへ飛ぶので「Agree」をクリックしてください。

登録せずに遷移する

認証後にeBayの画面を閉じ、WSへ戻り、「この内容で登録」を押さずに別ページへ画面遷移して完了です。
※登録を押さないのは、「Agree」を押した時点でデータベースへ直接値が飛んでおり、開いていたページには反映されていないためです。

白背景画像の設定

eBayやReebonz などでは商品写真はロゴなどの入っていない白背景画像をメインとすることが適正とされております。
楽天などではロゴ画像をメインとし、eBay・Reebonz では白背景がメインとなるように設定するため、eBay・Reebonzに出店予定のお客様は今後、以下の方法での画像登録をお願いいたします。

ロゴ画像をメインとされている場合

ローカル環境で白く抜いた画像( 以降白背景画像) にロゴを合成し、商品画像として1番目に登録。
白背景画像を最後に登録しているのが現状です。

白背景をメインとするための方法

①白背景画像を1番目として、ワールドスイッチ( 以降WS) に商品画像をアップロードします。
画像名も白背景画像から通しで末尾に-1,-2,-3… としてください。

②ロゴ入りにしたい画像を選択肢、ロゴスタンプ画像作成のボタンを押します。

③ロゴ入り画像が1番目として登録され、白背景画像が2番目に登録されます。
同じ画像が2つ続けて登録されていますが、商品ページではシステムで2番目に登録した白背景画像は一番最後に出力されます。
なお、eBay やReebonz はロゴ入りの画像をメインとして出品できないため、2枚目の白背景画像をメインとします。

※2枚目の画像を最後に出力するシステムの設定時期は、
御社にて新しい画像加工登録をされる時期に合わせて設定する必要があるため、登録の準備ができましたらご一報ください。
システムを設定すると、WS に登録された全ての商品の2枚目が最後に出力されるようになりますので、ご了承ください。

以下は楽天などにおける出力画像表になります。
モールによって最大登録数などが違いますが、ご参考ください。