よくある質問

スーパーリロードについて(キャッシュ削除)

スーパーリロードとは

ブラウザのキャッシュを無視し、強制的にWebサーバーからファイルをダウンロードする方法。
「フルリロード」「強制再読み込み」ともいいます。

スーパーリロードが必要な場合

マスタを更新して1時間以上経過しても、登録したマスタが表示されない場合

カテゴリーテーブルを更新して1時間以上経過しても、登録した番号が表示されない場合

上記のような場合には、キャッシュが残っている事が原因で、ワールドスイッチが正常に動作を行っていない可能性がございます。

スーパーリロードの操作方法

ワールドスイッチは「 Google Chrome 」を推奨ブラウザとしております。

説明方法はGoogle Chromeの説明となります。

まずは、下記の簡易キャッシュ削除にてお試し下さい。

Windows

Ctrl + F5 or Shift + F5

Mac

Cmd + Shift + R

上記操作でも改善しない場合には、下記方法にて「スーパーリロード」をお試し下さい。

Windows

①画面上右クリック > 検証をクリック > デベロッパー表示を行う
または、メニュー > ツール > 開発コンソールをクリック
②更新ボタンを右クリック
③キャッシュの消去とハードの再読み込みを選択

mac

①画面上右クリック > 検証をクリック > デベロッパー表示を行う
または、メニュー > 表示 > 開発管理 > デベロッパーツールをクリック
②更新ボタンを長押し、もしくは2本指でクリック
③キャッシュの消去とハードの再読み込みを選択

DHLについてご確認いただきたいこと

2020年6月2日(火)のWORLD SWITCH(以後:WS)DHLの新機能がリリースされます。

DHLの利用は、WS内基本設定 > 会社設定にある「DHL 輸出用アカウント番号」を
ご登録いただくだけでDHLの出力が可能となっております。

DHL 輸出用アカウント番号
※DHL輸出用アカウント番号をお持ちでない場合は、DHLにて作成をされてください。

輸出用アカウント番号登録をされただけでは、出力がデフォルトの設定になっておりますので
初期状態ではエラーが出る場合や、希望通りの出力ではない場合がございますので
その場合は、サポートアカウントまでお知らせいただけば修正・設定をさせていただきます。

また、WSから設定できるDHLの設定は以下になりますが、
API連携時「商品重量」が必須項目となっております。

最終的に総重量・サイズはDHL側の判断になりますが、送り状を出力するのに内訳重量が
必要になりますので、WS内のどの項目を「商品重量」として出力されるかを
サポート部までお知らせいただければ設定をさせていただきます。

種別 項目名 概要
基本情報 AccountNumber ※必須 DHL 輸出用アカウント番号
CompanyName ※必須 会社名
内容品詳細 ExportLineItem_Description ※必須 内容品名
ExportLineItem_Weight_Weight ※必須 商品重量
ExportLineItem_Weight_WeightUnit ※必須 商品重量の単位
ExportLineItem_GrossWeight_Weight ※必須 商品パッケージを含めた重量
ExportLineItem_GrossWeight_WeightUnit ※必須 商品パッケージを含めた重量の単位
ExportLineItem_CommodityCode 製造番号などユニークな項目
ExportLineItem_ManufactureCountryCode 製造国コード
ExportLineItem_ManufactureCountryName 製造国名
配送情報 ShipmentDetails_Pieces_Piece_Weight 梱包パッケージの重量
ShipmentDetails_Pieces_Piece_DimWeight 梱包パッケージの容積重量
ShipmentDetails_Pieces_Piece_Width 梱包パッケージの幅
ShipmentDetails_Pieces_Piece_Height 梱包パッケージの高さ
ShipmentDetails_Pieces_Piece_Depth 梱包パッケージの奥行
ShipmentDetails_Weight ※必須 梱包重量
ShipmentDetails_WeightUnit ※必須 梱包重量の単位
ShipmentDetails_Contents 発送品の内容
ShipmentDetails_DimensionUnit 寸法の単位
ShipmentDetails_InsuredCode 保険適用の可否
ShipmentDetails_InsuredAmount 保険適用金額
オプション SpecialService_DSR 配達署名の可否
SpecialService_DDP 関税負担の所在

伝票表示場所

伝票1

1・会社名:CompanyName ※必須

2・DHL出品用アカウント番号:AccountNumber ※必須

3:梱包重量:ShipmentDetails_Weight ※必須

4:発送品の内容:ShipmentDetails_Contents

伝票2

1・会社名:CompanyName ※必須

2・梱包パッケージの重量:ShipmentDetails_Pieces_Piece_Weight

3:発送品の内容:ShipmentDetails_Contents

伝票3.4

1・会社名:CompanyName ※必須

2・内容品名:ExportLineItem_Description ※必須

3:製造番号などユニークな項目:ExportLineItem_CommodityCode

4:商品重量:ExportLineItem_Weight_Weight ※必須

5:商品パッケージを含めた重量:ExportLineItem_GrossWeight_Weight ※必須

6:製造国名:ExportLineItem_ManufactureCountryName

7:関税負担の所在:SpecialService_DDP

下記項目は自動計算となります。

8:Total Net Weight:Net Weightの合計値

9:Total Gross Weight:Gross Weightの合計値

ヤフオク・ヤフーショッピング併売機能をご利用の店舗様へ

ヤフーショッピングとヤフオクで併売出品をされていらっしゃる店舗様は以下をご確認ください。

併売出品のつもりでヤフーショッピングに一括出品され、エラーなく完了しても
モールの仕様上、ヤフオク用の内容に誤りがあってもエラーが出ませんのでご注意ください。(2020.05.22時点)

上記の場合、ヤフーショッピングへは出品されますが、ヤフオクへは出品されません。
確認方法もストアクリエイターProから直接、確認しない限りはわかりません。

1.ヤフオクへ併売出品が出来るのは、
ヤフーショッピングの「商品状態」が「中古」のもののみです。

中古商品

 

2.ヤフオク出品時に登録していた商品説明は出力されません。

全商品ページの説明文が共通で問題がない方は以下リンク先の「7」をご確認ください。
https://test-store-info.yahoo.co.jp/auctions/a/2901.html

それ以外の方は以下をご確認ください。

ヤフーショッピング側の項目「PC用フリースペース1」がヤフオクの商品説明部分へ反映されます。

 
PC用フリースペース1

上記のような仕様となっておりますが、ヤフオク側へCSSは適応できませんので、
PC用フリースペース1」へCSSを仕様していないヤフオク用の
商品説明文をご用意いただく必要があります。

ご用意いただいた商品説明をお渡しいただけましたら、弊社の方で順次出力設定をさせていただきます。

すぐに用意するのは難しい、、という場合は、ヤフオク側への併売出品時に
強制的にエラーを出すように設定変更をさせていただきますのでお申し付けください。

以下のように、ヤフーショッピングへは出品できますが、
ヤフオクへはエラーで出品されませんのでヤフオクはいつも通り、別途一括出品をしていただく形になります。
ヤフオクエラー

尚、「PC用フリースペース1」はヤフーショッピングの商品ページへも適応されますので
それらを踏まえた商品説明文の作成をお願いいたします。

 

3.商品ページ(ヤフオク用)について

ヤフーショッピングのストアクリエイターPro内から ストア構築 > ストアデザイン へ進みます。
ページレイアウト部分に「商品ページ(ヤフオク用)」というものがございます。
この項目はヤフオク用の商品ページになりますので全商品に共通して記載したいものなどはここへご登録ください。

商品ページ(ヤフオク用)

新規モール追加方法

WORLD SWITCH(以下:WS)で、新規モールを追加する方法をご説明いたします。

WSのモール設定から、ショップ選択で「店舗を新規追加」を選択します。
 
モール設定
 

 
店舗を新規追加

 
店舗名モールで使用している店舗名などの項目を埋めていきます。

店舗種別」で該当モールを選択します。(該当モールがない場合は、「直接取引」を選択)

モール上の受注データを連動させる」にチェックを入れてください。

ここにチェックを入れていない場合、モール側で設定している内容とは違うものが

WSに取り込まれる場合があります。

モール設定

他、必要項目がお分かりになる場合は入力をし、必要項目が不明な場合は以上の情報だけで

下部にございます「この内容で登録する」から登録していただいて問題ございません。
 
この内容で登録する

ラジオボタンのチェックの外し方

WORLD SWITCHの商品情報の項目で、ラジオボタンを使用している項目がございます。

例えば項目「対象」で、対象の選択をする必要がない商品なのに
誤ってチェックを入れてしまい、チェックを外したい場合は、チェックを入れたボタン上でダブルクリックをされてください。

ダブルクリックでチェックを外すことが可能です。

 
※「商品 > 商品詳細項目管理」でラジオボタンかどうかの確認ができます。

DHL送り状発行でエラーが出る

1.DHL送り状発行で郵便番号が正しいのにエラーになる場合

DHL発送でお客様の郵便番号は正しいものが入っているのに
以下のようなエラーが出る場合があります。

Invalid postal code of a consignee. Please provide a valid postal code for a consignee and resubmit.

こちらのエラーが出た場合は、お客様が登録された郵便番号と、DHLで定められている郵便番号の
出力方法が誤っている場合がほとんどになります。

例:

スウェーデンにお住いのお客様が、

5桁の郵便番号を「00000」のように登録されていらっしゃいますと

WORLD SWITCHへも「00000」として取り込まれ、送り状にもそのまま出力がされますが

DHLでは「000 00」左記ようにスペースがないとエラーになります。

各国の郵便番号の出力方法は以下リンク先にございますので、ご確認ください。
オレンジ色が数字、緑色がアルファベットを表しており、それぞれ「-」か「スペース」かなどの表記になります。

http://www.dhl.com.tw/content/dam/downloads/tw/express/forms/postcode_formats.pdf

2.DHL送り状発行で住所の文字数オーバの場合

DHLの送り状発行の際、「町名・番地・建物名」の住所が長すぎると
以下のようなエラーが出ます。

In element ‘AddressLine’ :
Value ‘(お客様住所)’ with length ’99’ exceeds maximum length facet of ’45’.. at
line 28, column 134

AddressLine(町名・番地・建物名)は最大、45文字までとなっており、
45文字を越えるとエラーが出ます。

そういった場合は、お客様の住所に「,」を挟むことにより、AddressLineが2行に分かれますので、
上記エラーが出ました場合は、「町名・番地・建物名」を「,」で区切ってください。

3.市区群が正しくないとエラーになる

モールによっては、住所記入欄が自由入力になっている為、誤った内容のまま受注されることがあります。

よくあるエラーは、WS受注項目「市区群」に余計なテキストが含まれており、エラーが発生するというパターンです。
「市区群」欄に「市区群」以外のテキストが含まれる場合は、エラーで送り状の出力ができませんので

  1. DHL送り状発行で郵便番号が正しいのにエラーになる場合
  2. DHL送り状発行で住所の文字数オーバの場合

以外のエラーの場合は、一度「市区群」が正しいかのご確認もお願いいたします。

eBayのビジネスポリシーの活用方法について

イーベイで固定価格出品をしている際に送料無料で販売しているが、
オークション形式での出品の場合は、送料をバイヤーに負担していただきたい、といったときに
WSであれば、その「ビジネスポリシー」の自動振り分けが可能です。

ビジネスポリシーとは

出品時に設定が可能な、決済・配送・返品の各ルールのことを意味します。

それぞれ複数のパターンを作成できますので、予め用意しておき、
WSからの出品に際して、商材によって自動でそのパターンに振り分けることも可能です。

・決済: Payment policy  →ペイパルアカウント指定、即時決済指定など
・配送: Shipping policy →配送料金、配送除外国指定など
・返品: Returns policy  →返品期限など

販売形式別でポリシーを変更する

イーベイの商品設定で「Format」によって、固定価格かオークション形式かを指定します。
WSでは「出品形式」として設けていることが多いですが、
その選択によって、この「Format」を振り分けています。

business Format

 
例えば、固定価格オークション形式での販売をされる場合で、
「Returns policy」、「Payment policy」、「Shipping policy」を販売形式によって変更する場合は、
Home >My eBay >My Account >Manageの「business policies」でそれぞれの
販売形式に合った物を作成していただく必要がございます。

 

business policies

>> 実際のイーベイ「ビジネスポリシー」ページへ
(※表示には、各イーベイアカウントでのログインが必要です。)

 
各policiesを作成していただくことで、WS出品時に

「固定価格」の場合は「パターンA」というReturns policyを指定、
「オークション形式」の場合は「パターンB」というReturns policyを指定。

といった自動振り分けが可能になります。

eBayの購入者住所とWSの購入者住所が違う

eBay(イーベイ)の「即時決済」設定をしている場合でも、
一定の金額を超えた場合や、購入者によって、注文と同時に決済しなくてもいい場合があります。

■即時決済を設定している状態

即時決済設定

そういった場合は、決済するまでの間に購入者の方で住所の変更が可能になりますが
eBayからWSへ受注が取り込まれた後に
購入者側で住所変更が行われた場合、WS側とeBay側で購入者の住所が違う状態になります。

ebay注文者情報とpaypal登録情報

そうなりました場合は、手動で正しい住所(PayPalの住所と一致しているもの)へ変更していただくことになります。

稀に、WSに取り込まれた住所と、PayPalの住所と一致しているにも関わらず
購入者が決済前に、PayPalと一致しない住所へ変更している場合がありますが
PayPalと一致しない住所へ送ることは可能ですが保証は一切ない状態になりますので、ご注意ください。

PayPay・クレジットカード併用支払いが「PayPay残高払い」として受注取り込みされる

こちらの件は、2020年02月18日のリリースされたver.1.37.1にて改善されました。
詳しくは以下をご覧ください。

>> 追加機能リリースのお知らせ(ver.1.37.1)

現状では、「PayPay残高払い」としか取り込みが出来ません。

ヤフーショッピングでの注文で、
「PayPay残高払い」と「クレジットカード決済」を併用して
お支払いされるお客様がいらっしゃいます。

この場合、WORLD SWITCHへは「PayPay残高払い/クレジットカード決済」ではなく、
「PayPay残高払い」として取り込まれます。
ヤフーショッピングとの連携仕様上、併用としての通知が無いため、
ご注意いただけますと幸いです。

対処方法は?

お客様への対処法としましては、ご注文確認メール内で
該当のお客様へ向けての文章を挿入されることをお勧めいたします。

併用されていても、支払い方法が「PayPay残高払い」になっている旨を
記載していただき、誤解のないよう、お伝えしてください。

文章例

◆PayPay・クレジットカード併用でお支払いされておられますお客様へ

お支払い内訳につきまして、弊社メール文言上「クレジットカード支払い」と表記しておりますが、
PayPay・クレジットカードを併用してご決済されている場合は、併用支払いとして認識されております。
内訳につきまして、お客様のヤフーマイページの金額で間違いございませんので、ご安心くださいませ。
※合計金額が異なっていた場合、弊社より再度ご確認させていただきますので、
お手数ではございますが、お知らせください。

Wowmaの商品ページで画像が反映されない

FTPパスワードが有効期限切れになっている恐れがあります。

Wowmaにつきましては、仕様上API連携が用意されておらず、画像アップロードをFTPサーバーへのアップロードとしています。
そのため、エラー表示も出来ない状況です。

Wowma管理画面での設定により、予定有効期限切れの通知も可能ですので、ご活用ください。
(ワールドスイッチ側でのフィルタ設定などは、別途設定が必要です。ご了承ください。)

更新箇所

Wow!マネージャー
アカウント管理・権限設定>FTPパスワード変更
→任意のパスワードに変更してください。

ワールドスイッチ
(画面右上)モール設定>Wowma>FTPパスワード