楽天市場

楽天の項目選択肢(セレクトボックス)を設定したい

1.項目選択肢とは

楽天の項目選択肢機能では、ユーザーが購入する際に選択可能なメニューの作成ができます。
在庫設定はできませんが、注文ボタンの上にプルダウン式(セレクトボックス)のメニューや、チェック式(チェックボックス)のメニュー、フリーテキスト式のメニューを作ることができます。
1商品に対して複数のメニューを設定することが可能です。

このページでは、プルダウン式(セレクトボックス)の設定方法をご案内致します。(以下の画像の2番です。)

※選択肢が在庫と連動している形式は「項目選択肢別在庫」で、以下のマニュアルの通り設定可能です。

SKU・規格管理の設定方法

2.項目選択肢を設定する

項目選択肢の情報は、マスタファイルによって管理致します。「select」という名称のマスタファイルを新規作成してください。

(1)マスタファイルをダウンロードする。

商品>マスタ管理より、Excelファイルをダウンロードしてください。マスタ種別はどれでも構いません。

(2)ファイルに各値を入力する。

①ID・・新規追加の際には空白にしてください。

②category・・「select」と入力してください。

ダウンロードした名称のままアップロードすると、上書きされてしまいますので、くれぐれもご注意ください。

③data1・・項目選択肢の項目名を入力してください。

④data2・・項目選択肢の選択肢を入力してください。

※2種類のセレクトボックスを作成したい時には、以下のような記述となります。

(3)編集したマスタファイルをアップロード

Exelファイルをダウンロードした同画面から、アップロードをします。

※マスタファイルの反映は、最大1時間ほどかかることがございます。

(4)出力設定をお申し付けください。

ファイルアップロードが終わりましたら、弊社サポートにChatWorkにてご連絡ください。3.以降の出力設定を行います。

 

3.出力の条件設定をする

全商品に設定したセレクトボックスを適用される場合は、特に必要ございません。

特定の商品のみ適用させる、あるいは複数種類のセレクトボックスを商品によって使い分ける、という場合は、その分岐のための項目を商品登録画面に設置することが必要です。

※例えば「ラッピング」というチェックボックスを作成し、チェックが入った場合のみセレクトボックスを反映させる、など。

 

4.項目選択肢の出力設定をする

システム設定 > コンテンツテンプレート管理 > 楽天市場 > CSV:Select/Checbox用項目指定

「CSV:Select/Checbox用項目指定」に、マスタファイル「select」の「data1」の文字列を入力すると、設定完了です。

3.で条件設定をしている場合は、こちらの項目で出力の分岐設定を行います。

 

 

 

楽天市場の海外販売設定(楽天グローバル表示設定)

楽天市場の海外配送管理番号はAPIで非連携の項目ですが、
ワールドスイッチの「外部連携」ツールを使用することで、FTPサーバーに定時でCSVファイルを自動出力し、反映させることが可能です。

設定をご希望の会社様はチャットワークにてお知らせください。

弊社設定後、出力設定は以下の箇所でカスタマイズ可能となります。

FTPのパスワードが変更された際には、必ずアカウント設定もご変更ください。
(FTPの変更箇所はこちら)

 

1.出力設定

ツール>外部連携設定>出力(エクスポート) > 海外配送管理番号追記

①出力先設定(FTPアカウント設定)

楽天のFTPパスワードを変更された際にはこちらの変更をお願い致します。

 

②出力日時の設定

上記の設定ですと、毎日22時に出力されます。

海外販売設定につきましては、その日の出品作業が全て終わられる時間にご設定頂くことをおすすめしております。

その他、出力日時設定の詳細につきましては、以下のページをご参照ください。

https://wasab.net/howto/worldswitch/question/export-tool/

③対象データ

こちらでの「追加」は、商品を初めて登録した日時となります。

登録してから出品まで日数が空く可能性がある場合は、「更新」をご選択ください。

最大10日までご設定可能です。

 

2.反映の確認

RMS>店舗設定>海外販売設定>商品一覧

 

配送可能国グループが設定されていない商品は背景がピンクで表示されます。

配送可能国の設定が「対応しない」ではなく、任意の配送地域管理番号の管理用名称の方に選択されていますと、反映OKです。

こちらが設定出来ているのに、上記商品一覧の色がピンク色のままになっている場合は、反映までに一定時間必要ですので、しばらく時間を置いてから再度ご確認お願い致します。

楽天【共通の送料込みライン】導入に伴うキャンペーンおよび適用対象外の設定について

この度の楽天「共通の送料込みライン」の適用対象外のために、[【特定送料】便] 設定登録を行われた店舗様は、WorldSwitchの配送方法にも反映させる必要がございますので、必ずご連絡頂きますようお願い申し上げます。

[【特定送料】便] 設定登録の方法はこちら(RMSにログインの上アクセスしてください。)

ご設定されました配送方法とキャリア、配送方法セット管理番号をお知らせください。
順次対応とはなりますが、テンプレートの設定変更を行わせていただきます。

また、既存商品に変更が必要な場合は、お客様の方でのご変更をお願いしておりますので
何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

例)

配送方法:宅配便[特定送料]

キャリア:ヤマト運輸

配送方法セット管理番号:2

尚、一律の設定ではなく、商品によって異なる設定をご希望される場合は、チャットワークにてご相談ください。

 

 

 

 

【スマートフォン版楽天市場】ページリニューアルに伴いご確認のお願い

楽天市場のスマートフォン版が2020年4月から7月にかけてショップページのリニューアルが実施されることとなりました。
それに伴い、利用HTMLタグの制限強化が実施され、リニューアル実施後に今まで利用できていたデザインが
ご利用いただけなくなる可能性がございます。

場合によっては、スマートフォン版のデザインを大幅に変更しなければならない
店舗様もございますので、まずは以下をご確認いただきますようお願いいたします。

ご確認していただきたい箇所
・楽天商品ページ内 → 「商品ページ情報」 → 「スマートフォン用商品説明文」

該当部分に

=””

上記のタグが入っている場合はほとんどが楽天上では、
本来利用が禁止されているタグが使用されている可能性が高いです。

「スマートフォン用商品説明文」に上記のタグが入っている店舗様は、リニューアル実施前に
デザイン変更をする必要がございますので、ご確認後デザインのご変更をお願いいたします。

ご変更後、弊社のコンテンツテンプレートの変更の必要がございますので
吐き出しコードをお知らせいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

楽天のスマートフォン版リニューアルに関しまして
詳しくはRMS内の以下をご覧ください。

トップ > サポートニューストップ > 一覧 > 【R-Storefront】スマートフォンページリニューアルと注意点のご案内

FTPソフトをインストールして楽天GOLDに接続する

「楽天GOLD」はフリーのサーバースペースになっており、楽天での自由なページデザインなどで利用できるサーバーとして用意されているものです。

WorldSwtichと連携の際にも、CSSファイルや画像のアップロードにご活用頂けますので、ご案内致します。

1.FTPソフトのインストール

FTPを接続するためには、まず、FTPに接続するためのFTPのクライアントソフトをインストールする必要があります。

今回は「FileZilla」というフリーソフトをご紹介致します。

FileZillaのインストール

以下のページからFileZillaの最新版のファイルをダウンロードします。

※ご使用されているパソコンのタイプ(32bitか64bitか)に適切なファイルをご選択ください。PRO版ではなく、普通のFileZillaで問題ありません。

https://filezilla-project.org/download.php?show_all=1

日本語版は、こちらからダウンロードできます。→https://ja.osdn.net/projects/filezilla/

ダウンロード出来ましたら、案内に従って、インストールを完了させてください。

2.楽天GOLDの設定

ユーザIDの確認とパスワードの設定

RMSにログイン後、「店舗設定」、1商品登録・更新」をクリックします。

 

1商品ページ設定」の一括編集機能の下にある「FTPサーバ用パスワード変更」をクリックします。

ここで、ユーザ名の確認と、パスワードの設定ができます。

パスワードは、アルファベットの大文字・小文字・数字を必ず含む半角英数字記号(/.@-=)で、8文字で設定してください。

また楽天市場のFTPは2ヶ月に1度は変更が必要です。

 

3.楽天GOLDに接続する

ダウンロードしたFileZillaを立ち上げた後、ファイル>サイトマネージャーを開き、「新しいサイト」をクリックします。

以下の通りアカウントを入力してください。

  • ホスト – ftp.rakuten.ne.jp
  • ポート -16910
  • ユーザー -RMSで確認したユーザー名
  • パスワード – RMSで設定したパスワード

全て入力後に「接続」をクリックしますと、サーバーへ接続することが出来ます。

接続に失敗した時は、パスワードの更新時期が過ぎていないかご確認頂きまして、必要に応じてパスワードを更新してください。

 

 

 

 

    • SEOmanual
    • EC-FORTUNE

 

    • SEOmanual
  • EC-FORTUNE

楽天でのコピーページ(スーパーセールなど)作成時の注意点

楽天のスーパーセール時などに、商品ページのコピーを作成されることが多いと思われますが、
コピーページを作成されただけでは、WSから在庫連動がされません。
コピーページを作成される場合は、以下のことにご注意ください。

まず楽天RMSでコピーページを作成時する際に、「商品URL」に「特定の文字列」を追加して作成します。
※その際、「商品番号」は変更しないようにします。

コピーページ作成後、WOLD SWITCH(以下:WS)の

システム設定 > コンテンツテンプレート管理

ショップ選択:楽天市場

テンプレート選択:商品管理番号2(商品URL)

 

コンテンツテンプレート管理

 
ここでは、特定の文字列を「ss-」とします。
ですので、商品URLは「ss-【商品番号】」となりますのでテンプレート編集内
以下のコードを書き込み、「この内容で登録する」ボタンで登録をしておきます。

ss-<!–{$商品番号$}–>

※< >内はコピーペーストをしてください。

 
WS内の項目「商品番号」を大文字で記入されていらっしゃる場合は以下になります。

ss-<!–{$商品番号|lower$}–>

 
上記の設定をすることにより、在庫連動がされます。

また、別のセール時に新しく「商品番号-s」というコピーページを作成されました場合は、
以下のように「商品管理番号2(商品URL)」を変更されないと在庫連動されませんのでお気をつけください。

コンテンツテンプレート管理

楽天のAPI申請方法

楽天のAPI申請はRMSからクライアント様から申請し、
WSのモール設定へ登録していただきます。
※APIの利用はCSV一括商品登録の申し込みをしていることが前提です。

RMSよりAPIの申請

RMS>拡張サービス一覧>WEB APIサービス>申し込み、利用規約確認より
同意してお申し込みください。

必要な機能の状態を利用へ変更

申請完了後、「WEB API」より「利用機能編集」で必要な機能を利用するにチェックする。

必要な機能一覧

※楽天ペイ受注でない場合は絶対に該当部分にチェックをいれないでください。

  • R-CabinetAPI(CabinetAPI)
  • カテゴリAPI (CabinetAPI)
  • ジャンル・タグ検索API(NAvigationAPI)
  • 受注API(OrderAPI)※楽天ペイ受注をご利用ではない方のみ
  • 商品API (ItemAPI) 
  • 在庫API(InventoryAPI)
  • 店舗管理API(ShopManagementAPI)
  • 楽天ペイ受注API(RakutenPay_OrderAPI)※必ず楽天ペイ受注の方のみ!!

モール設定へ登録

利用機能登録後、「WEB API」より「serviceSecret」と「licenseKey」をコピーします。

WSのモール設定>楽天市場より「serviceSecret」と「licenseKey」へペーストして保存して完了です。
まだ連携する前の場合は末尾に「-STOP」を入力してください。

楽天で項目選択肢の追加方法

楽天で商品ページに項目選択肢を追加するには、
マスタで選択肢を設定し、コンテンツテンプレートで選択肢を登録する必要があります。

エクセルで新しいマスタを作成し、必須項目を入力し登録します。

新規マスタの作成方法は下記をご参照ください。
http://wasab.net/howto/worldswitch/setting/new-masterdata/

ダウンロードしてきたExcelデータを開き、B列「category」の部分に「select」と入力します。
data1に項目名data2に選択肢を記述して登録します。

マスタ登録

以下は見本のマスタになりますので参考にお使いください。
>> 見本selectマスタ

コンテンツテンプレートに出力設定します。

システム設定>コンテンツテンプレート管理>楽天を選び、
「Select/Sheckbox用項目指定」を開きます。

コンテンツテンプレートに出力

記入欄にマスタで登録したdate1の項目名を入力し、登録ボタンを押して完了となります。
複数項目を設定したい場合は、[,]で区切り追加することも可能です。

例)サイズ調整,レビューを書く,カラー

コンテンツテンプレートに出力

白背景画像の設定

eBayやReebonz などでは商品写真はロゴなどの入っていない白背景画像をメインとすることが適正とされております。
楽天などではロゴ画像をメインとし、eBay・Reebonz では白背景がメインとなるように設定するため、eBay・Reebonzに出店予定のお客様は今後、以下の方法での画像登録をお願いいたします。

ロゴ画像をメインとされている場合

ローカル環境で白く抜いた画像( 以降白背景画像) にロゴを合成し、商品画像として1番目に登録。
白背景画像を最後に登録しているのが現状です。

白背景をメインとするための方法

①白背景画像を1番目として、ワールドスイッチ( 以降WS) に商品画像をアップロードします。
画像名も白背景画像から通しで末尾に-1,-2,-3… としてください。

②ロゴ入りにしたい画像を選択肢、ロゴスタンプ画像作成のボタンを押します。

③ロゴ入り画像が1番目として登録され、白背景画像が2番目に登録されます。
同じ画像が2つ続けて登録されていますが、商品ページではシステムで2番目に登録した白背景画像は一番最後に出力されます。
なお、eBay やReebonz はロゴ入りの画像をメインとして出品できないため、2枚目の白背景画像をメインとします。

※2枚目の画像を最後に出力するシステムの設定時期は、
御社にて新しい画像加工登録をされる時期に合わせて設定する必要があるため、登録の準備ができましたらご一報ください。
システムを設定すると、WS に登録された全ての商品の2枚目が最後に出力されるようになりますので、ご了承ください。

以下は楽天などにおける出力画像表になります。
モールによって最大登録数などが違いますが、ご参考ください。

楽天タグIDの変更に伴う在庫連携の不具合について

楽天のタグIDが変更されることにより、既に出品された商品のタグIDがエラーとなってしまい、在庫連携が正しく行われないケースがございます。

その際は、不要となったタグIDを削除する必要がございます。削除は以下のどちらかの方法で行ってください。

  1. worldswitchより商品情報を更新する。
  2. RMSより該当商品のcsvファイルを一括ダウンロードし、該当タグIDを削除の上アップロードする。

※ worldswitchより更新致しますと、価格などの情報を変更されている場合、上書きされてしまいますのでお気をつけください。