モール別

楽天でのコピーページ(スーパーセールなど)作成時の注意点

楽天のスーパーセール時などに、商品ページのコピーを作成されることが多いと思われますが、
コピーページを作成されただけでは、WSから在庫連動がされません。
コピーページを作成される場合は、以下のことにご注意ください。

まず楽天RMSでコピーページを作成時する際に、「商品URL」に「特定の文字列」を追加して作成します。
※その際、「商品番号」は変更しないようにします。

コピーページ作成後、WOLD SWITCH(以下:WS)の

システム設定 > コンテンツテンプレート管理

ショップ選択:楽天市場

テンプレート選択:商品管理番号2(商品URL)

 

コンテンツテンプレート管理

 
ここでは、特定の文字列を「ss-」とします。
ですので、商品URLは「ss-【商品番号】」となりますのでテンプレート編集内
以下のコードを書き込み、「この内容で登録する」ボタンで登録をしておきます。

ss-<!–{$商品番号$}–>

※< >内はコピーペーストをしてください。

 
WS内の項目「商品番号」を大文字で記入されていらっしゃる場合は以下になります。

ss-<!–{$商品番号|lower$}–>

 
上記の設定をすることにより、在庫連動がされます。

また、別のセール時に新しく「商品番号-s」というコピーページを作成されました場合は、
以下のように「商品管理番号2(商品URL)」を変更されないと在庫連動されませんのでお気をつけください。

コンテンツテンプレート管理

楽天のAPI申請方法

楽天のAPI申請はRMSからクライアント様から申請し、
WSのモール設定へ登録していただきます。
※APIの利用はCSV一括商品登録の申し込みをしていることが前提です。

RMSよりAPIの申請

RMS>拡張サービス一覧>WEB APIサービス>申し込み、利用規約確認より
同意してお申し込みください。

必要な機能の状態を利用へ変更

申請完了後、「WEB API」より「利用機能編集」で必要な機能を利用するにチェックする。

必要な機能一覧

※楽天ペイ受注でない場合は絶対に該当部分にチェックをいれないでください。

  • R-CabinetAPI(CabinetAPI)
  • カテゴリAPI (CabinetAPI)
  • ジャンル・タグ検索API(NAvigationAPI)
  • 受注API(OrderAPI)※楽天ペイ受注をご利用ではない方のみ
  • 商品API (ItemAPI) 
  • 在庫API(InventoryAPI)
  • 店舗管理API(ShopManagementAPI)
  • 楽天ペイ受注API(RakutenPay_OrderAPI)※必ず楽天ペイ受注の方のみ!!

モール設定へ登録

利用機能登録後、「WEB API」より「serviceSecret」と「licenseKey」をコピーします。

WSのモール設定>楽天市場より「serviceSecret」と「licenseKey」へペーストして保存して完了です。
まだ連携する前の場合は末尾に「-STOP」を入力してください。

楽天で項目選択肢の追加方法

楽天で商品ページに項目選択肢を追加するには、
マスタで選択肢を設定し、コンテンツテンプレートで選択肢を登録する必要があります。

エクセルで新しいマスタを作成し、必須項目を入力し登録します。

新規マスタの作成方法は下記をご参照ください。
http://wasab.net/howto/worldswitch/setting/new-masterdata/

ダウンロードしてきたExcelデータを開き、B列「category」の部分に「select」と入力します。
data1に項目名data2に選択肢を記述して登録します。

マスタ登録

以下は見本のマスタになりますので参考にお使いください。
>> 見本selectマスタ

コンテンツテンプレートに出力設定します。

システム設定>コンテンツテンプレート管理>楽天を選び、
「Select/Sheckbox用項目指定」を開きます。

コンテンツテンプレートに出力

記入欄にマスタで登録したdate1の項目名を入力し、登録ボタンを押して完了となります。
複数項目を設定したい場合は、[,]で区切り追加することも可能です。

例)サイズ調整,レビューを書く,カラー

コンテンツテンプレートに出力

eBayのAPI連携方法

eBayのAPI連携は、eBayとPaypalの2つのAPI登録が必要となります。

PayPalのAPI連携は以下の記事よりご確認ください。
PaypalのAPI情報確認方法

eBayのAPI連携はモール設定より行います。

トークンの取得

モール設定>eBayより、弊社が予め入力してある該当項目の情報を入れた状態で「認証してトークンを取得」をクリックします。

eBayにログインして認証

eBayのログイン画面に飛びログインするとAPIの認証ページへ飛ぶので「Agree」をクリックしてください。

登録せずに遷移する

認証後にeBayの画面を閉じ、WSへ戻り、「この内容で登録」を押さずに別ページへ画面遷移して完了です。
※登録を押さないのは、「Agree」を押した時点でデータベースへ直接値が飛んでおり、開いていたページには反映されていないためです。

白背景画像の設定

eBayやReebonz などでは商品写真はロゴなどの入っていない白背景画像をメインとすることが適正とされております。
楽天などではロゴ画像をメインとし、eBay・Reebonz では白背景がメインとなるように設定するため、eBay・Reebonzに出店予定のお客様は今後、以下の方法での画像登録をお願いいたします。

ロゴ画像をメインとされている場合

ローカル環境で白く抜いた画像( 以降白背景画像) にロゴを合成し、商品画像として1番目に登録。
白背景画像を最後に登録しているのが現状です。

白背景をメインとするための方法

①白背景画像を1番目として、ワールドスイッチ( 以降WS) に商品画像をアップロードします。
画像名も白背景画像から通しで末尾に-1,-2,-3… としてください。

②ロゴ入りにしたい画像を選択肢、ロゴスタンプ画像作成のボタンを押します。

③ロゴ入り画像が1番目として登録され、白背景画像が2番目に登録されます。
同じ画像が2つ続けて登録されていますが、商品ページではシステムで2番目に登録した白背景画像は一番最後に出力されます。
なお、eBay やReebonz はロゴ入りの画像をメインとして出品できないため、2枚目の白背景画像をメインとします。

※2枚目の画像を最後に出力するシステムの設定時期は、
御社にて新しい画像加工登録をされる時期に合わせて設定する必要があるため、登録の準備ができましたらご一報ください。
システムを設定すると、WS に登録された全ての商品の2枚目が最後に出力されるようになりますので、ご了承ください。

以下は楽天などにおける出力画像表になります。
モールによって最大登録数などが違いますが、ご参考ください。

eBayのビジネスポリシーの活用方法について

イーベイで固定価格出品をしている際に送料無料で販売しているが、
オークション形式での出品の場合は、送料をバイヤーに負担していただきたい、といったときに
WSであれば、その「ビジネスポリシー」の自動振り分けが可能です。

ビジネスポリシーとは

出品時に設定が可能な、決済・配送・返品の各ルールのことを意味します。

それぞれ複数のパターンを作成できますので、予め用意しておき、
WSからの出品に際して、商材によって自動でそのパターンに振り分けることも可能です。

・決済: Payment policy  →ペイパルアカウント指定、即時決済指定など
・配送: Shipping policy →配送料金、配送除外国指定など
・返品: Returns policy  →返品期限など

販売形式別でポリシーを変更する

イーベイの商品設定で「Format」によって、固定価格かオークション形式かを指定します。
WSでは「出品形式」として設けていることが多いですが、
その選択によって、この「Format」を振り分けています。

business Format

 
例えば、固定価格オークション形式での販売をされる場合で、
「Returns policy」、「Payment policy」、「Shipping policy」を販売形式によって変更する場合は、
Home >My eBay >My Account >Manageの「business policies」でそれぞれの
販売形式に合った物を作成していただく必要がございます。

 

business policies

>> 実際のイーベイ「ビジネスポリシー」ページへ
(※表示には、各イーベイアカウントでのログインが必要です。)

 
各policiesを作成していただくことで、WS出品時に

「固定価格」の場合は「パターンA」というReturns policyを指定、
「オークション形式」の場合は「パターンB」というReturns policyを指定。

といった自動振り分けが可能になります。

eBayの購入者住所とWSの購入者住所が違う

eBay(イーベイ)の「即時決済」設定をしている場合でも、
一定の金額を超えた場合や、購入者によって、注文と同時に決済しなくてもいい場合があります。

■即時決済を設定している状態

即時決済設定

そういった場合は、決済するまでの間に購入者の方で住所の変更が可能になりますが
eBayからWSへ受注が取り込まれた後に
購入者側で住所変更が行われた場合、WS側とeBay側で購入者の住所が違う状態になります。

ebay注文者情報とpaypal登録情報

そうなりました場合は、手動で正しい住所(PayPalの住所と一致しているもの)へ変更していただくことになります。

稀に、WSに取り込まれた住所と、PayPalの住所と一致しているにも関わらず
購入者が決済前に、PayPalと一致しない住所へ変更している場合がありますが
PayPalと一致しない住所へ送ることは可能ですが保証は一切ない状態になりますので、ご注意ください。

米国の売上税(Internet Sales Tax)による影響について

アメリカでは州によって、ECサイトなどで取引が行われた場合、取引税を買い手から徴収し、
ECサイト運営者からその納税をすることが義務づけられています。

それにあたり、イーベイ・ペイパルでも取引時に、
売上税(Internet Sales Tax)として自動的に徴収し、
納税をされています。

特にセラー(売り手)として何かする必要はありません。

WSではこの売上税を現在表記しておらず、
今後のバージョンアップにより、より正確な内訳を取得予定です。

そのため、注文住所によっては、ペイパル管理画面上
請求内訳で売上税表示がされており、
ワールドスイッチでの入金金額と差額がありますが、
実際の請求額は問題ありませんので、ご安心ください。

売上税を省く、セラーからの請求額と入金額に差異がある場合は、
従来通り、「差額あり」アイコンが表示されます。

ご確認・ご活用の程、よろしくお願いいたします。

Reebonzの出品ステータスについて

Reebonz(リーボンズ)へ一括出品をした際の、ステータスについて説明をします。
リーボンズはWSから一括出品後、審査が入るためすぐに出品はされません。

出品ステータスには、以下の5つが存在します。

  • Draft(下書き状態)
  • Ready to publish(審査待ち)
  • Rejected(出品不可)
  • Pending QA(Quality Assurance) Approval(要修正)
  • Publishd(公開)
リーボンズ ステータス
  • ブランド
  • カテゴリID
  • 品名
  • サブカテゴリー

上記、必須項目が入力されていない場合はエラーとなり、アップロードできませんが

  • 画像
  • カラーカテゴリー

上記2項目も必須項目ではあるものの、エラーにはならずアップロードされます。
修正し、再アップロードをしないと「Draft(下書き)」状態のままになります。

全項目をクリアしている場合は、アップロード後「Ready to Publish(審査待ち)」となり、
審査待ちの状態になります。

【審査に掛かる日数目安】
・審査 > 公開 まで3営業日以内
リーボンズ側で画像編集等が必要な場合
・審査 > 編集 > 公開まで7営業日以内

そのまま審査が通った商品は「Publishd(公開)」となり、
審査が通らなかった商品は「Pending QA Approval(要修正)」か「Rejected(出品不可)」となります。

Pending QA Approval(要修正)」の理由は、主に画像の基準が満たないケースで
リーボンズ側で修正が可能な分です。

Rejected(出品不可)」の理由は、上記に反して画像基準が満たないケースに
加えて、リーボンズ側での修正も出来ない分です。


・商品全体が写っていない画像(きれている)
・ウォーターマークがあり、リーボンズ側で消せない
・モデルが基準外
・出品不可商品に該当する
・価格が明らかに誤っている(億兆の単位になっているなど)
・ワシントン条約の禁止リストに該当する
など・・・

「Rejected(出品不可)」の場合は、クリックすると出品不可の理由が表示されますので
修正し、再アップロードをすると再審査となり、基準を満たせば公開されます。

また、公開済みの商品を修正・変更し再アップロードした場合は、
公開状態のまま再審査へ入り、問題がなければ反映します。
問題がある場合は「Rejected」(出品不可)か「Pending QA Approval」(要修正)となります。

他、不明な点がある場合は、リーボンズへ直接お問い合わせください。

FutureShopへ一括出品設定

WORLD SWITCH(ワールドスイッチ)(以下:WS)から

FutureShop(フューチャーショップ)(以下:FS)で一括出品をする際に

「商品データ一括登録項目設定」のチェック項目に注意をしていただく必要があります。

 

1.必要項目にチェックが入っているか

商品データ一括登録項目設定

以下、チェックが入っていなければならない項目
※チェックボックス横の項目のみ表記

  • ステータス
  • 優先度
  • 定価
  • 消費税
  • 販売期間(From)
  • クール便指定
  • 送料
  • オススメ商品商品ページ内表示
  • 商品価格上部コメントHTMLタグ
     (この項目はグレー背景で取消線が入っており見逃しがちなので注意)
  • 在庫管理
  • バリエーション横軸名
  • バリエーション縦軸名
  • 会員価格設定
  • アクセス制限
  • ポイント付与率設定
  • ステータス(他社サービス)
  • サンプル商品設定
  • 最大購入制限個数
  • 入荷お知らせメールボタン表示
  • JANコード
  • キャッチコピー
  • レコメンド2:行動履歴収集タグ出力フラグ
  • お気に入り登録数
  • メール便指定
  • メール便同梱数
  • バンドル販売
  • 外部連携任意項目
  • Apple Payボタン表示
  • おすすめ商品表示パターン設定
  • 外部連携商品名
  • レイアウト割当名
  • ページ名(コマースクリエイター)
  • 商品一言説明(コマースクリエイター)
  • 商品説明(大)
  • 独自コメント(1)
  • レコメンド2:レコメンド表示フラグ(コマースクリエイター)
  • 商品URL
  • 税率設定

 

2.「商品データ一括登録項目設定」の確認方法

FSログイン後 → 運用メニュー → 商品管理 → 商品データ一括登録項目設定

商品データ一括登録項目設定 設定箇所

「商品」から設定が可能です。

商品データ一括登録項目設定 設定箇所