DHL

DHLについてご確認いただきたいこと

2020年6月2日(火)のWORLD SWITCH(以後:WS)DHLの新機能がリリースされます。

DHLの利用は、WS内基本設定 > 会社設定にある「DHL 輸出用アカウント番号」を
ご登録いただくだけでDHLの出力が可能となっております。

DHL 輸出用アカウント番号
※DHL輸出用アカウント番号をお持ちでない場合は、DHLにて作成をされてください。

輸出用アカウント番号登録をされただけでは、出力がデフォルトの設定になっておりますので
初期状態ではエラーが出る場合や、希望通りの出力ではない場合がございますので
その場合は、サポートアカウントまでお知らせいただけば修正・設定をさせていただきます。

また、WSから設定できるDHLの設定は以下になりますが、
API連携時「商品重量」が必須項目となっております。

最終的に総重量・サイズはDHL側の判断になりますが、送り状を出力するのに内訳重量が
必要になりますので、WS内のどの項目を「商品重量」として出力されるかを
サポート部までお知らせいただければ設定をさせていただきます。

種別 項目名 概要
基本情報 AccountNumber ※必須 DHL 輸出用アカウント番号
CompanyName ※必須 会社名
内容品詳細 ExportLineItem_Description ※必須 内容品名
ExportLineItem_Weight_Weight ※必須 商品重量
ExportLineItem_Weight_WeightUnit ※必須 商品重量の単位
ExportLineItem_GrossWeight_Weight ※必須 商品パッケージを含めた重量
ExportLineItem_GrossWeight_WeightUnit ※必須 商品パッケージを含めた重量の単位
ExportLineItem_CommodityCode 製造番号などユニークな項目
ExportLineItem_ManufactureCountryCode 製造国コード
ExportLineItem_ManufactureCountryName 製造国名
配送情報 ShipmentDetails_Pieces_Piece_Weight 梱包パッケージの重量
ShipmentDetails_Pieces_Piece_DimWeight 梱包パッケージの容積重量
ShipmentDetails_Pieces_Piece_Width 梱包パッケージの幅
ShipmentDetails_Pieces_Piece_Height 梱包パッケージの高さ
ShipmentDetails_Pieces_Piece_Depth 梱包パッケージの奥行
ShipmentDetails_Weight ※必須 梱包重量
ShipmentDetails_WeightUnit ※必須 梱包重量の単位
ShipmentDetails_Contents 発送品の内容
ShipmentDetails_DimensionUnit 寸法の単位
ShipmentDetails_InsuredCode 保険適用の可否
ShipmentDetails_InsuredAmount 保険適用金額
オプション SpecialService_DSR 配達署名の可否
SpecialService_DDP 関税負担の所在

伝票表示場所

伝票1

1・会社名:CompanyName ※必須

2・DHL出品用アカウント番号:AccountNumber ※必須

3:梱包重量:ShipmentDetails_Weight ※必須

4:発送品の内容:ShipmentDetails_Contents

伝票2

1・会社名:CompanyName ※必須

2・梱包パッケージの重量:ShipmentDetails_Pieces_Piece_Weight

3:発送品の内容:ShipmentDetails_Contents

伝票3.4

1・会社名:CompanyName ※必須

2・内容品名:ExportLineItem_Description ※必須

3:製造番号などユニークな項目:ExportLineItem_CommodityCode

4:商品重量:ExportLineItem_Weight_Weight ※必須

5:商品パッケージを含めた重量:ExportLineItem_GrossWeight_Weight ※必須

6:製造国名:ExportLineItem_ManufactureCountryName

7:関税負担の所在:SpecialService_DDP

下記項目は自動計算となります。

8:Total Net Weight:Net Weightの合計値

9:Total Gross Weight:Gross Weightの合計値

DHL送り状発行でエラーが出る

1.DHL送り状発行で郵便番号が正しいのにエラーになる場合

DHL発送でお客様の郵便番号は正しいものが入っているのに
以下のようなエラーが出る場合があります。

Invalid postal code of a consignee. Please provide a valid postal code for a consignee and resubmit.

こちらのエラーが出た場合は、お客様が登録された郵便番号と、DHLで定められている郵便番号の
出力方法が誤っている場合がほとんどになります。

例:

スウェーデンにお住いのお客様が、

5桁の郵便番号を「00000」のように登録されていらっしゃいますと

WORLD SWITCHへも「00000」として取り込まれ、送り状にもそのまま出力がされますが

DHLでは「000 00」左記ようにスペースがないとエラーになります。

各国の郵便番号の出力方法は以下リンク先にございますので、ご確認ください。
オレンジ色が数字、緑色がアルファベットを表しており、それぞれ「-」か「スペース」かなどの表記になります。

http://www.dhl.com.tw/content/dam/downloads/tw/express/forms/postcode_formats.pdf

2.DHL送り状発行で住所の文字数オーバの場合

DHLの送り状発行の際、「町名・番地・建物名」の住所が長すぎると
以下のようなエラーが出ます。

In element ‘AddressLine’ :
Value ‘(お客様住所)’ with length ’99’ exceeds maximum length facet of ’45’.. at
line 28, column 134

AddressLine(町名・番地・建物名)は最大、45文字までとなっており、
45文字を越えるとエラーが出ます。

そういった場合は、お客様の住所に「,」を挟むことにより、AddressLineが2行に分かれますので、
上記エラーが出ました場合は、「町名・番地・建物名」を「,」で区切ってください。

3.市区群が正しくないとエラーになる

モールによっては、住所記入欄が自由入力になっている為、誤った内容のまま受注されることがあります。

よくあるエラーは、WS受注項目「市区群」に余計なテキストが含まれており、エラーが発生するというパターンです。
「市区群」欄に「市区群」以外のテキストが含まれる場合は、エラーで送り状の出力ができませんので

  1. DHL送り状発行で郵便番号が正しいのにエラーになる場合
  2. DHL送り状発行で住所の文字数オーバの場合

以外のエラーの場合は、一度「市区群」が正しいかのご確認もお願いいたします。

【重要】Reebonz受注でのDHL配送一時停止を受けて

9月初頭より、リーボンズマーケットプレイスでの受注に対し、DHL配送が利用できない状態になっております。
一時的にFedExでの配送に切り替わっておりますが、管理画面からの送り状発行ができません。

つきましては、ワールドスイッチ「注文」画面での「ReebonzDHL」ボタンは現在利用ができかねます。
エラー表記となるため、リーボンズ管理画面での復旧が完了するまで、今しばらくお待ちください。
復旧直後でも、仕様変更などを調査・対処の必要があるかもしれないため、しばらくは利用できない状況が続く恐れがあります。
予めご了承ください。

なお、詳しい発送方法などは、Reebonzジャパンへ直接お問い合わせください。
以下、Reebonzジャパンからの案内メール文面を、一部抜粋し、記載いたします。

この度は、DHLの集荷・配送/自動書類発行サービスが一時的に
ご利用いただけない状態となっており、出店者様にはご不便を
おかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

現在、システムの復旧作業が続いておりますが、完了までの期間、
お手数をおかけいたしますが、引き続きFedExにてご出荷いただき
ますよう、宜しくお願い申し上げます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※受注後、できる限り早く皆様へ発送書類をお送りいたしますが、
もし、書類がまだ届いていない場合はご連絡ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、現在ご使用頂いているFedExについては、DHLのサービスの
利用が再び可能になった後も、各国に配送する際の送料や関税、
その他の情勢に応じて効率的に併用してく予定でございます。

つきましては、現在FedEx様とは、DHL様との連携システムと同様に、
REEBONZの管理画面上での集荷・配送/自動書類発行サービスの利用を
可能にするために、連携作業を行なっております。また、その作業が
完了するまで約1ヶ月ほどかかる予定でございます。