ユニバーサルデザイン 【 universal design 】

ユニバーサルデザイン 【 universal design 】とは直訳するとユニバーサル(普遍的な、全体の)なデザインと
なるが、全ての人たちのためのデザインとなる。年齢や障がい、国籍や性別などの差異の如何を問わず利用できる施設や製品、デザインと言うことである。言いかえれば設計の段階からこうした思想を意識して最初から多くの人が利用できるように、不便にならないようにデザインすることである。
1980年代に米国のロナルド・メイス氏が提唱した7つの原則によると、①誰にでも使えて手に入れることができる公平性 ②柔軟に使用できる自由度 ③使い方が簡単にわかる単純性 ④使う人に情報が伝わるわかりやすさ ⑤間違えても重大な結果にならない安全性 ⑥少ない力で楽に使える省体力 ⑦使うときに適当な広さがあるスペースの確保  とされている。
こうした思想でデザインされているもので生活空間の中で目につくものとしては、それぞれが遠回りでない階段・エレベータ・エスカレータの位置や老人や身障者にもやさしいノンステップバス、車いす専用ではなくどなたにもご利用できますと表示してある多機能トイレなどが至近な例である。こうした発想で建物の設計建築をする、製品を設計販売するなど社会にユニバーサルデザインが普及してきたと言える。

Related Posts