多店舗在庫連携システム

多店舗在庫連携システムとは、ECショップでのネット販売やショッピングモールなどの店舗展開を行っている事業において、それぞれの販売と仕入れ、在庫を一元的に管理するシステムを言う。
実店舗やバーチャル店舗において同一商品を販売している場合、それぞれの販売チャネルにおいて商品スペックの登録や在庫データを登録して管理する必要がある。市販されているソフトでの「多店舗在庫連携システム」においてはこれまで手動で行っていた複数のネットショップへの商品スペックや在庫データの登録を、実店舗のPOSシステムから自動的にまとめて取り込むことを可能にしている。
バーチャル店舗を複数展開している場合、そこに表示される商品の内容や紹介記事をそれぞれのサイトに入力していくことは大変な労力になる。また販売された商品の在庫を減らし、仕入れされた商品の在庫を増加させる入力も同様に大きな作業になる。実店舗においても多店舗展開をしている場合、他店の在庫や倉庫在庫をリアルタイムで照会できるシステムは売上拡大や消化率向上による利益率向上に不可欠である。多店舗間での商品振替や店舗間の在庫調整をきめ細かな進めることにより、生産した在庫や仕入れした在庫の売り逃しを防止することになる。
ビームスやユナイテッドアローズなどのライフスタイルショップにおいてはネット販売と実店舗販売が共存している。こうした多店舗の在庫管理を効率的になおかつ利益があがるようなシステムを導入することが大切なことである。

Related Posts