リッチスニペット【Rich Snippets】

リッチスニペット【Rich Snippets】とはGoogleが2009年に発表した検索結果の下に数行のスニペット(断片)としてテキストを表示するものである。
ユーザーは検索したサイトのページ内容が数行表示されることにより、検索との関連性を把握できることになる。このリッチスニペットは当初、ショッピングサイト用に開発されたもので商品の検索をした場合に、その価格や在庫状況や商品レビューを表示することでより検索サービスを強化したものになっている。ウェブページにつながっている構造化データを使用して拡張した検索結果となる。
このリッチスニペットを表示させるためにはあらかじめその販売者がGoogleに商品の詳細情報を提供しなければならない。Googleはその商品詳細情報により独自の検索アルゴリズムにより商品情報が表示されることになる。購入したい商品をGoogleで検索した場合、非常に注目度があがることや商品リスティング広告が無料で送信できること、販売する商品の情報をコントロールできることなどから販売者側のメリットは非常に大きいものになっている。
その他商品だけではなくレストラン検索のレビューサイトなどにも対応しながら、順次にそのカテゴリーを拡大していく方針である。

Related Posts