レスポンシブデザイン 【 responsive design 】

レスポンシブデザイン 【 responsive design 】とは、パソコンやタブレット・スマートフォンなどの違ったデバイスに対応して最適化したWebサイトをひとつのHTMLを作成することにより実現する制作手法である。
旧来、いろいろなデバイスはそれぞれの画面サイズがあることからその専用の画面を作成していた。またユーザー側もそのデバイスにあった画面を選択するようになっていた。このレスポンシブデザインでの制作ではあらゆるデバイスをそれ毎の専用サイトを作成することなく、ブラウザのスクリーンサイズを基準としてCSSに記述することでレイアウトを調整してマルチスクリーンに対応したWebサイトを制作できる。
こうしたレスポンシブデザインの考え方が出てきた背景はスマートフォンの普及拡大がある。スマートフォンでアクセスしたとき、通常のURLを入力した場合にはパソコン用のサイトに誘導される。またはパソコン用のサイトからスマートフォンサイトを選択することにより対応していた。それでも対応できないケースが多くあった。
あらゆるデバイスの解像度やスクリーンサイズ、OSに対応するにはそれぞれに適応したHTMLやCSSを作成しなければならない。例えばOSであればアイフォン、アンドロイド、Windowsがあってそれぞれに搭載しているブラウザがある。そのためにレスポンシブデザインが出てきた。

Related Posts