POSシステム 【 Point Of Sales system 】 販売時点管理 / POSレジ

POSシステム 販売時点管理 / POSレジとは販売時点で売上の実績を単品単位で集計し、品ぞろえや在庫管理、生産に生かしていく経営管理の手法である。1970年代に米国において導入された理由はレジ担当従業員の不正防止やレジの間違った操作による売価販売の防止などが目的であった。
特に百貨店やスーパーなど大型小売店では大量消費時代になってきて、店頭の在庫管理、品切れ防止などが必要となり、従来のレジスターでの集計機能(10単位ほど)がそぐわなくなってきた。商品を単品で管理するための「バーコード」が統一コード化され16ケタのJANコードが食品を中心とした生産段階から印字されるようになってきたのもPOSシステムの普及を促進させたと言える。
日本におけるPOSシステムメーカーはNCR・IBMなどの外資系や国産の東芝・富士通・カシオなどがPOSレジスターや周辺機器とともに開発し激烈な競合が始まった。POSシステムの最大の利点である単品単位での商品がいつ・どこで・どんな価格で・いくつ売れたかのみならず、クレジット機能の併用により、顧客別や年齢別、性別などのデータを組み合わせたビックデータとなっている。
さらに、SPA(製造小売業)と呼ばれる専門アパレル店などは、単品別の在庫管理を徹底し、クイックレスポンスによる販売と生産を組み合わせた体制を構築している。それは多店舗での在庫管理を可能にして、製品の売り上げ消化率を向上させ企業利益を向上させている。

Related Posts