O2O 【 Online to Offline 】

O2O 【 Online to Offline 】とは電子商取引(Eコマース)で用いる用語でオンラインとオフラインの購買行動が連携しあうことである。
またはオンラインでの活動がオフラインである実店舗などでの売上動向に影響を及ぼすと言った意味にもつかわれる。B2BやB2Cなどのような表現と同じような表現である。
具体的な例で言えば、オンラインでその企業ページや製品ページを検索して価格や製品情報を調査して、実際の購買は製品を確認して実店舗で買うといった行動がある。また実店舗を持っている飲食店などがオンラインで割引クーポンなどを提供して、地図サービスやメニュー表示やレビューなどを表示して実店舗への来店を促す方法もO2Oの例になる。オンラインでの販売促進や広告の効果がクーポンの回収で測定できる。難しいサイト分析をせずに効果が実感できる方法である。
またO2Oの例としてはインターネットサイトで注文した商品を実店舗で試着後受け取ることができるなど新しいサービスの創出にもつながっている。しかしながら実店舗で商品を検分したり試着して購買はオンラインで行うようなOffline to Onlineの傾向も強くなっている。

Related Posts