HTML 【 HyperText Markup Language 】

ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ
HTML(エイチティーエムエル、HyperText Markup Language)は、インターネットのウェブページを作成するために開発された言語である。
現在私たちが日常見ているインターネットで公開されているページのほとんどがこの言語で作成されている。ハイパーテキストに目印を付けられる言語と直訳することができるが、ハイパーテキストではウェブページから別のウェブページにリンクできるハイパーリンクを貼ることができ、ウェブページ内に画像や動画、音声などのデータファイルをリンクで貼り付けることができる。
HTMLはこうしたハイパーリンク機能を用いて、関連する情報を結びつけページを構成することができるわけである。また文字の大きさや色などを表示するためにHTMLでは、文字の一部を““で挟まれた「タグ」を付けることでそれを表示する。HTMLの進化系として文章の見栄えなどに関する専用の言語としてCSS(Cascading Style Sheet)が考案されている。
HTMLでは構造に関する記述を行い、見栄えの記述をCSSに分離して記述する方法が取られている。現在市販のWeb作成ソフトにはこのHTML言語を意識せずに文字をワープロのように入力したり、画像や地図などをボタンをつけるように配置できるソフトが発売されている。実際それはHTMLを自動的に作成しているソフトを使っており、CMS(Contents Management System)など「HTML」や「CSS」言語を使用せずにホームページが簡易に作成できるようになった。しかしカスタマイズや特殊な命令には「HTML」での命令語が必要になっている。

Related Posts