eコマース 【 電子商取引 】

eコマース 【 電子商取引 】とはインターネットやコンピュータのネットワークなどと利用して行われる電子化された商業取引のことです。eコマースの初期段階では特定の企業間で製品や部品の受発注、決済取引などが
専用回線やVANと言う公衆回線を利用しながら、一定の書式によってやり取りされていました。従来の電話や郵便による方式に比べ、正確で迅速な商取引が実現されることにより、事務の合理化が図られ人員の削減や経費の減少につながりました。しかしながらデータの形式や通信方法が業界で異なることなどから多くの業界が統一した方式に参加できないことが多かったのです。
近年、インターネットの普及によりWebプラウザなどの標準の技術により、インターネット上でeコマースが実施されることが主流となっています。インターネット技術により業界を超えた標準化やオープン化が進行したのです。例えばインターネットバンキングでは企業のみならず個人でもインターネット上で銀行間との取引をすることは当たり前になっています。またeマーケットプレイスなどの考え方から業界を超えた取引ができるような仕組みも考えられてきています。資材調達なとの「BtoB企業間取引」からインターネットショッピングなどの「BtoC企業と消費者取引」に進展して、現在はオークションに代表される「CtoC消費者同士の取引」までeコマースは幅広く社会のインフラとして認知されてきました。
商品など有形の取引のみならず、株式などの売買、旅行チケット、興行チケットなどの無形商品郡もeコマースの分野となってきました。これらは物流体制の進化やクレジットカードなど決済手段が多様化してきたこと、安心して取引ができる「セキュリティ技術」が進歩してきたこともその一因になっています。

Related Posts