ドロップシッピング【 Drop Shipping 】

ドロップシッピングとはインターネット上で行われる通信販売の形態で、アフィリエイトと販売を組み合わせて販売されることもあります。一般的なインターネットショッピングは小売業者がサイトを運営して、注文から商品配達まで一貫して行うことが多いのですが、ドロップシッピングでは販売したWebサイトの運営者や広告社は注文を受けた場合、注文情報を商品提供者(メーカー・卸売業者など)から直送させる運営方法です。
そのネットサイトの運営者は商品提供したメーカーや卸売業者の卸値に対して利益を上乗せして販売することで差額が利益となることになります。在庫を持たずに、商品を動かすこともなくネットショップを開設することが可能になります。商品提供をするベンダー側のメリットは人気のあるサイトや有名なポータルサイトなどの力を借りて販売委託することが可能になります。日本
日本国内ではリアルドロップシッピング、もしもドロップシッピング、電脳卸ドロップシッピング、通販素材.com、Seesaaドロップシッピングなどのドロップシッピングサービスが運営をしています。
もしもドロップシッピングでは全店舗共通のサイトで運営するか、アフィリエート方式でブログや独自のサイトで商品を展開する方法が取られています。自社でECサイトを運営するよりも経費がかからず、手軽にショッピングサイトを開設することが可能となっています。
しかし「ドロップシッピングで副業を」や「ECサイト運営代行を安価に」などと宣伝し、初期費用や加盟手数料などを徴収するサイト運営者や逆に注文があっても商品発送がされないケースなとが発生して悪徳商法や詐欺商法ではないかと社会問題化している一面もあります。

Related Posts