CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイル・シート)

CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイル・シート)とは、インターネットのウェブページにおける文字のスタイルを指定するためのプログラム言語を言います。 一般的なワープロソフトで作成する文書も含めて、見出しや箇条書きなどの文書スタイルを指定する技術全般をスタイルシートといいますが、HTMLなどで作成されるウェブページにスタイルを命令するには一般的にCSSが多く使われています。簡単に言うとウェブページの文字の見栄えをよくするためのプログラム言語とも言えます。
CSSは単独では使用できません。同じようにホームページのウェブページを作成するプログラム言語のHTMLとの組み合わせで使用する言語となっています。HTMLはウェブページのレイアウトや各要素の意味、情報構造の定義をするために主に使用されます。CSSはHTMLで定義されたものをどのように飾って見栄えを良くするかを指定することになります。ウェブページの色やサイズ、レイアウトなどの表示方法などがこれに当たります。
現在使われているHTML言語においてもウェブページを装飾するためのタグ(要素)や属性があります。これらを使いながらHTMLだけでウェブページを制作することも可能です。しかしHTMLは情報構造を定義するためのプログラム言語であってレイアウトなどに関する定義が多く取り込まれることは文書の情報構造が混乱するだけではなく、間違った情報定義になってしまう可能性も大きくなります。そのため文書の視覚的な構造を定義するプログラグ言語としてCSSが策定されたのです。CSS言語をHTML言語とともに使用しながら一般的なウェブページは作られているのです。

Related Posts