クラウドコンピューティング 【 cloud computing 】 クラウドシステム / cloud system

クラウドコンピューティング 【 cloud computing 】とはコンピュータネットワークをベースとしたコンピュータ資源を共有するネット利用形態である。クラウドとは「雲」の意味で、従来から「コンピュータ・システムのイメージ図」を表示する場合、ネットワークを雲の形で表示する場合が多くそこからクラウド・コンピューティングと言われている。
ネットワークの使用者はコンピュータによる計算処理やデータ格納をネットワーク経由で他のサーバーに保存するシステムサービスとなる。この考えによると、ネットワークの使用者のパソコンにはネットワークに接続する最低限度のシステムがあればいいことになる。例えばワードやエクセルなどのソフトもクラウドシステムからその都度ダウンロードして、そのデータもクラウドシステムでネットワーク上に保管することかできる。
解りやすい例では一連のGoogleサービスもクラウドシステムであると言える。Google Chromeでインターネットに繋ぎ、Google Maliで電子メールをチェックし、Google検索、Google mapなどで必要情報を入手する。そのデータはGoogleドライブでネットワーク上に保管する。スプレットシートの表計算・文書作成・プレゼンテーションのソフトもネットワーク上で使用できる。高度なビジネスソフトやグループウェアなどもASP(アプリケーションソフトプロバイダ)としてソフトを購入するのではなくネットワーク上で使用するだけの安価なソフトレンタルが可能となってきた。

Related Posts