C to C 【 Consumer to Consumer 】 C2C

CtoCとは消費者間での商取引のことです。企業間取引( Business-to-business, B2B, BtoB)である製造業者(メーカー)と卸売業者の間や卸売業者と小売業者の間など、企業の間での商取引や企業対消費者間取引(Business-to-consumer, B2C, BtoC)などと対比される言葉です。
一般の消費者同士が商取引を行うことは、古代の物々交換や個人業者との市場や近来のフリーマーケットがそれに当たるますが、電子商取引のCtoCとしてはインターネット上でオークションという形で実施されている。オークションを実施するサイトではネット上でオークションシステムを構築してその場を提供し、出品者から手数料を徴収して事業する企業をCtoC事業者と呼んでいる。一般的に行われるCtoCの場合は、代金の決済や商品の良非が確実に行われるような「友人同士の取引」「市での産地取引」「フリーマーケットでの現物確認」に限られていました。
Yahoo・楽天などの大手インターネットオークションはCtoCを仲立ちするシステムを開発して、CtoCのデメリットを解消しています。一般的には出品者や落札者とも匿名ですが、「評価」や「評価コメント」をお互いが取引成立完了後に行うことにより、他の取引の参考になるようになっています。あまり低い評価やネガティブなコメントがあると次の取引につながらないことになります。自然と悪徳者が排除させていく仕組みになっています。
また代金決済についても、クレジット取引や代金引換に替わるシステム構築がされるため、比較的安心して決済が実行されています。

Related Posts