B to C 【 Business to Consumer 】 B2C

BtoC
BtoCとは企業(business)と一般消費者(consumer)との商取引を言う。最初は電子商取引(EC)においてBtoB企業間取引( Business-to-business, B2B, BtoB)と同様に使われた用語であるが、現在は電子商取引のみならず一般的にも使用されている。
そもそもBtoCは普通の買い物行動そのものであり、百貨店やスーパー、商店での企業対個人の関係である。しかしながらインタネット上の商取引が拡大し、実店舗でのシングルチャネルの販売経路だけではなく、バーチャル店舗での商取引が拡大し、BtoCの関係もマルチチャネルに展開が拡大してきていると言える。さらにソフトウェアや画像、音楽などのコンテンツ販売やオンラインゲームやオンライントレード、オンラインバンク、映像レンタルなどのソフトにも拡大してきている。
BtoBでの取引では、製造→卸売→小売→消費者のように、BtoBのつながりの中で最終にBtoCが存在していた。しかしインターネットの普及と物流体制の整備などからBtoBを通さず、直接BtoCになる事例が多く見られるようになっている。例えばメーカー直販サイトや楽天サイトなど産直と言うBtoCが簡単に行えるようになってきた。このことにより例えばパソコンであれば、製造メーカーが在庫を持たずに、BtoCで直接消費者から注文を受け、製造を開始し消費者に直接パソコンを届けて、代金は電子決済されると言った流通経路が可能となっている。

Related Posts