B to B 【 Business to Business 】 B2B

企業間取引( Business-to-business, B2B, BtoB)とは、製造業者(メーカー)と卸売業者の間や卸売業者と小売業者の間など、企業の間での商取引のことを言う。
電子商取引(EC)の形態で用いられることが多かったが、現在は一般的にも使われる。対照的な用語としては企業対消費者間取引(Business-to-consumer, B2C, BtoC)や企業対政府間取引(Business-to-government, B2G, BtoG)などとして使われる。BtoBの規模は総生産のほとんどを占めるほど大きな規模である。例えば一般的なサプライチェーンの中で自動車産業を取り扱ってみると、部品の調達は車体からタイヤ、ガラスなどそれぞれの納入業者が多数存在し、毎日BtoBの取引が行われている。
同様に百貨店やスーパーにおいても、BtoCの数は顧客数となる為、多数にわたっているかもしれないが、大手商社や取引先などとの規模は非常に大きいものとなっている。その他派遣業者からの人材派遣や企業での事務用品、包装材料など取引業者は商品のみならずBtoBの範囲は非常に広く、規模が大きい。最近ではインターネット上に特定の業界にBtoBの取引を仲介するWebサイトが多く存在しその規模を広げている。
また従来の事務系のアプリケーションソフトをパッケージソフトとして購入するBtoBから、インターネットを通じてビジネス用のアプリケーションソフトを使用するASP(アプリケーションソフトプロバイダー)と呼ばれる新しいBtobも生れている。

Related Posts