eBay

eBayのAPI連携方法

eBayのAPI連携は、eBayとPaypalの2つのAPI登録が必要となります。

PayPalのAPI連携は以下の記事よりご確認ください。
PaypalのAPI情報確認方法

eBayのAPI連携はモール設定より行います。

トークンの取得

モール設定>eBayより、弊社が予め入力してある該当項目の情報を入れた状態で「認証してトークンを取得」をクリックします。

eBayにログインして認証

eBayのログイン画面に飛びログインするとAPIの認証ページへ飛ぶので「Agree」をクリックしてください。

登録せずに遷移する

認証後にeBayの画面を閉じ、WSへ戻り、「この内容で登録」を押さずに別ページへ画面遷移して完了です。
※登録を押さないのは、「Agree」を押した時点でデータベースへ直接値が飛んでおり、開いていたページには反映されていないためです。

eBayのビジネスポリシーの活用方法について

イーベイで固定価格出品をしている際に送料無料で販売しているが、
オークション形式での出品の場合は、送料をバイヤーに負担していただきたい、といったときに
WSであれば、その「ビジネスポリシー」の自動振り分けが可能です。

ビジネスポリシーとは

出品時に設定が可能な、決済・配送・返品の各ルールのことを意味します。

それぞれ複数のパターンを作成できますので、予め用意しておき、
WSからの出品に際して、商材によって自動でそのパターンに振り分けることも可能です。

・決済: Payment policy  →ペイパルアカウント指定、即時決済指定など
・配送: Shipping policy →配送料金、配送除外国指定など
・返品: Returns policy  →返品期限など

販売形式別でポリシーを変更する

イーベイの商品設定で「Format」によって、固定価格かオークション形式かを指定します。
WSでは「出品形式」として設けていることが多いですが、
その選択によって、この「Format」を振り分けています。

business Format

 
例えば、固定価格オークション形式での販売をされる場合で、
「Returns policy」、「Payment policy」、「Shipping policy」を販売形式によって変更する場合は、
Home >My eBay >My Account >Manageの「business policies」でそれぞれの
販売形式に合った物を作成していただく必要がございます。

 

business policies

>> 実際のイーベイ「ビジネスポリシー」ページへ
(※表示には、各イーベイアカウントでのログインが必要です。)

 
各policiesを作成していただくことで、WS出品時に

「固定価格」の場合は「パターンA」というReturns policyを指定、
「オークション形式」の場合は「パターンB」というReturns policyを指定。

といった自動振り分けが可能になります。

eBayの購入者住所とWSの購入者住所が違う

eBay(イーベイ)の「即時決済」設定をしている場合でも、
一定の金額を超えた場合や、購入者によって、注文と同時に決済しなくてもいい場合があります。

■即時決済を設定している状態

即時決済設定

そういった場合は、決済するまでの間に購入者の方で住所の変更が可能になりますが
eBayからWSへ受注が取り込まれた後に
購入者側で住所変更が行われた場合、WS側とeBay側で購入者の住所が違う状態になります。

ebay注文者情報とpaypal登録情報

そうなりました場合は、手動で正しい住所(PayPalの住所と一致しているもの)へ変更していただくことになります。

稀に、WSに取り込まれた住所と、PayPalの住所と一致しているにも関わらず
購入者が決済前に、PayPalと一致しない住所へ変更している場合がありますが
PayPalと一致しない住所へ送ることは可能ですが保証は一切ない状態になりますので、ご注意ください。

eBay:固定価格での出品期間がGTC(Good ‘Til Cancelled)のみとなりました

2019年3月18日より、イーベイでの固定価格出品の際の、
出品期間がGTC(Good ‘Til Cancelled)に統一されました。

固定価格出品とは:
FixedPrice(ワンプライス)での出品形式

GTCとは:
出品商品が購入されるまで、もしくはセラーによる出品終了(あるいはeBayによる出品終了)するまで、出品がされた状態であり、30日毎に出品しなおされます。
出品手数料の課金も30日毎に行われます。

従来の期間:1日、3日、5日、7日、10日、30日、GTC
3月18日以降:GTCのみ

現在、GTC以外で出品された場合でも、
自動的にGTCでの出品となり、警告がメッセージされます。
また、既存出品分は、自動再出品時(Relist)にGTCへ変更されます。

ワールドスイッチでは警告とならないように、
出品時のテンプレート設定で順次「GTC」へと変更をしております。

出品形式の変更、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

これにあたり、「オークション状況」での表示、動作に影響がある場合があります。
予めご了承いただけますと幸いです。

eBay:Description(商品説明文)内のaタグ(リンクタグ)警告文につきまして

今春のセラーアップデートにより、
商品説明文中のリンクタグ使用が警告として表示されるようになりました。

当サービスから提供させていただいているページテンプレートを
ご利用のアカウントにつきましては、
リンクタグ部分を削除させていただきました。

今後の出品分については、警告とならないかと存じます。

これまで:商品画像をクリック後、別タブで拡大画像の表示
これから:画像のリンク自体を削除

該当ページについては、固定価格(FixedPrice)の場合、
再度一括出品ボタンを押し、ページ内容の更新を行なってください。
オークション形式(Auction)の場合は、
出品期間が終了すれば、問題ないかと存じますが、
お急ぎの場合は、再出品作業をお願いいたします。

その他、独自テンプレートをご利用されている場合は、お問い合わせください。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

ebayの認証トークンの更新の設定方法

eBayへの出品時、以下のエラーが表示された場合、eBay認証トークンを更新する必要があります。
更新は、WORLDSWITCHのモール設定画面から設定することが可能です。

 

Auth token is hard expired, User needs to generate a new token for this application.

 

①モール設定>eBay>API用トークン

 

 

②「認証してトークンを取得」をクリック→別タブでebayのログイン画面が開きます。

 

③トークン発行の確認画面が表示されます。

④「Agree」で完了です。WORLDSWITCHのモール設定にも自動で反映されます。

eBay出店のモール設定方法

WORLD SWITCHからeBayに出品する際に必要なモール設定です。

モール設定画面へ移動

WORLD SWITCH > モール設定 >eBay

API用トークンの取得

  1. .UserIDとpasswordをご入力ください. ※devId,appId,certID,runameはこちらで入力しておりますので、変更しないようお願い致します。
  2. API用トークン の「認証してトークンを取得」をクリックします。
  3. eBayの画面にリンクします。設定が完了しますと、WORLDSWITCH側にも自動入力されます。

PayPal情報の入力

出品商品を一括削除する機能(eBay・ヤフーオークション)

WORLD SWITCHの画面から、eBayとヤフオクへ出品している商品の削除が出来るようになりました。

1.eBayの商品削除は、パスワードの設定が必要です。

◆モール設定>eBay

◆パスワード入力

2.商品詳細検索 → 商品をチェック → 一括出品解除 →「eBay」もしくは「ヤフオク」をクリックしてください。
ヤフオクは「終了データ一覧」、eBayは「unsold」からも商品が削除されます。