商品データ

楽天で項目選択肢の追加方法

楽天で商品ページに項目選択肢を追加するには、
マスタで選択肢を設定し、コンテンツテンプレートで選択肢を登録する必要があります。

エクセルで新しいマスタを作成し、必須項目を入力し登録します。

新規マスタの作成方法は下記をご参照ください。
http://wasab.net/howto/worldswitch/setting/new-masterdata/

ダウンロードしてきたExcelデータを開き、B列「category」の部分に「select」と入力します。
data1に項目名data2に選択肢を記述して登録します。

マスタ登録

以下は見本のマスタになりますので参考にお使いください。
>> 見本selectマスタ

コンテンツテンプレートに出力設定します。

システム設定>コンテンツテンプレート管理>楽天を選び、
「Select/Sheckbox用項目指定」を開きます。

コンテンツテンプレートに出力

記入欄にマスタで登録したdate1の項目名を入力し、登録ボタンを押して完了となります。
複数項目を設定したい場合は、[,]で区切り追加することも可能です。

例)サイズ調整,レビューを書く,カラー

コンテンツテンプレートに出力

商品データのダウンロード(自由フォーマット)

商品>商品検索画面から、該当商品のデータをダウンロードする際、

定型項目にはなかった項目を、自由に作成し、ダウンロードすることができます。

 

1.商品>商品検索 で、全件または1点でもいいので、検索をかけます。

設定ボタンを表示させる為だけの検索ですので、ここではどの検索結果になっても問題ありません。

 

2.検索結果リスト上部のタブ「商品データ」から、「歯車」アイコン(設定)を押します。

設定ボタン

 

3.「+新規作成」ボタンを押し、自由フォーマットを選択します。

新規作成ボタン

 

作成済みのものを編集または削除する場合は、

編集の場合はアクション部分にある「ペン」アイコン、

削除の場合は「ゴミ箱」アイコンを押してください。

間違って削除されても、復元はできかねますので、慎重に操作ください。

アイコン

 

「+新規作成」を選択したら、次は「自由フォーマット」を選びます。

 

4.各項目設定を行います。

「+行を追加」から項目を作成できます。

A:ヘッダ項目名を入れてください。

 「ヘッダ項目名」とは、csvデータの1行目に出てくる、項目名が記載されている部分です。

B:定型項目から出力したい項目のものがある場合はこちらから選択します。

 例えば、「ItemNumber」という項目を作成し、ここに「商品番号」のデータを出力したい場合は、
 定型項目の「商品番号」を選択します。

 また、「商品番号」「棚番」「登録日」など、組み合わせたデータを出力することも可能です。
 その場合は、項目設定に組み合わせたい項目を選択(最大3項目)し、
 間に「-」などの連結文字を入れたい場合は、「連結文字列」に「-」を入れれば、
 出力時に「商品番号」-「棚番」-「登録日」のように間に「-」が入った状態で出力されます。

C:固定の数値、文字列を入れたい場合はこちらの「固定値」にチェックを入れ、記入します。

 例えば、「在庫数」という項目に固定値「1」と入れると、
 在庫数の列は全て「1」が入った状態で出力されることになります。

D:テンプレートを使用したい場合は、こちらの「テンプレート使用」にチェックを入れ、記入します。

作成した項目の順番を入れ替えたい場合は、「順番」の上下矢印で入れ替えることが出来ます。

順番

 

5.出力フォーマットと設定名を決定し、保存します。

「出力フォーマット設定」から、文字コードと、出力する際のcsv名を設定し、

「設定名」から、名前を設定し「上記内容で保存」を押したら自由フォーマット作成終了です。

フォーマット・設定名

 

6.作成済み自由フォーマットのダウンロード方法

上記で作成した、自由フォーマットをダウンロードするには、

「商品 > 詳細検索」からダウンロードしたいアイテムを検索し、「商品データ」へ行きます。

すると下部画像枠内の位置に作成した設定名が出現しているので、ダウインロードしたい

アイテムにチェックを入れ、設定名を押すと自由フォーマットのダウンロードが可能です。

自由フォーマットダウンロード

商品登録画面レイアウトの注意点

商品詳細項目管理にて作成された項目はお客様の方で「複数設置可」をご選択いただけますが、
1つのタブに対して、同じ項目を設置することは出来ない仕様となっております。

新規商品画像登録タブ

商品登録の際に商品 > 新規商品データ登録で登録をしますが、
1つの項目は各タブをまたいで使用することは出来ない為、「アイテム」という項目を
商品情報タブで使用した場合、残りの「商品詳細」「出品詳細」タブでは使用することは出来ないのでご注意ください。

項目複数設置例

システムの都合上、商品 > 商品登録画面レイアウト管理では
同じ項目を幾つも設置し、登録をすることが可能な状態ではありますが、
上部画像のように同項目を複数設置して登録されますと不具合の原因となりますので
「複数設置可」の項目は必ず、商品情報・商品詳細・各登録アイテムに1つのみの設置にしていただきますよう宜しくお願い致します。

複数設置可イメージ画像1 複数設置可イメージ画像2

上部画像のようにショルダーバッグという1つのアイテムに対して「幅」という項目を1つ設置、
ハンドバッグという1つのアイテムに対して「幅」という項目を1つ設置することが複数設置可という意味となります。

商品詳細項目の考え方

商品情報を登録する際に、「ブランド」や「アイテム」などの項目が配置されてあります。
これらの各項目は、「商品詳細項目管理」で管理をしています。
各項目の変更は可能ですが、出力設定に関わることなので、編集時はご注意ください。


商品 > 商品詳細項目管理

ID 各項目に付与されたIDです。
新規登録の際に、順に自動で付与されます。
項目名 商品詳細画面上に配置できる項目名です。
あくまで配置・出力用に設定される項目名のため、実際にモールの商品ページで記載する項目名ではありません。
こちらの文言変更される際は、出力時に影響してきますので、変更前にご一報ください。
DBカラム名 特定の項目に予め付与しているコード名です。編集はできません。
新規登録の際に指定はできますが、特別プログラムには影響しません。
必須入力 チェックを入れると、商品詳細画面で商品登録・更新時の、必須項目になります。
入力形式 選択した内容で設定が可能です。
複数項目にする場合は、該当入力フォームにカンマ区切りで入力することで、簡単に追加できます。

一行テキスト入力
通常の入力フォームです。
複数行テキスト入力
説明文など長い文章などに最適な複数行入力が可能なフォームです。
マスタ選択
「マスタ管理」の内容を適用できます。
プルダウン入力
多数ある項目の中から1項目を選択するのに最適です。
チェックボックス
単数でチェックの可否で判断できます。(例:海外販売NG)
チェックボックス(複数選択)
多項目から複数にチェックを入れることが可能です。(例:ダメージ項目)
ラジオボタン
項目が少ない場合に、1つチェックを入れることができます。(例:公開・非公開)
日付
日付のみを指定できます。(例:登録日)
日付+時間
日付と時間を指定できます。(例:販売期間指定)
単位 各項目に付加できる単位です。予め設定しておくことで、単位が変わっても出力設定に影響がありません。
キーワード順位 ヤフオクに限り、このキーワードの順番でモールカテゴリを判断させます。
数字が大きい方が優先順位が下がります。(※設定画面を新たに設ける予定です)
「必須」チェックを入れることで、そのキーワードは固定で必ず判断させることができます。
複数設置可 チェックを入れることで、商品詳細画面「アイテム」により変更される「商品詳細」タブへの配置を複数行えます。
複数設置可の注意点はこちらをご覧ください。
コピー可 商品一覧画面での、商品データのコピー時に、チェックを入れた項目は引き継がれます。
商品登録・更新後の「続けて登録する」のボタンを押した際にも、引き継がれる項目です。
削除 チェックを入れた状態で、最下部の「この内容で登録する」を押すと、IDごと削除されます。
アプリ 現在開発中の「出品・POSアプリ」で使用しますので、現在は未設定です。

項目新規追加の場合

項目の追加は、自由にできます。
追加された後に、レイアウトで配置したり、出力設定することで登録が充実します。

上記の説明表を考慮いただいた上で入力し、「この内容で登録する」を押してください。
※既存項目を変更された箇所も更新されますので、ご注意ください。

商品登録の流れ

商品登録をして、各モールへ出品するまでの流れを動画でご確認ください。

※この動画に音声はございません。

  1. 商品データの入力
  2. 画像のアップロード
  3. 各モールへ出品する商品の絞り込み
  4. モールを選択して、出品

商品登録画面での音声入力機能について

商品詳細画面にて、音声入力機能をテストリリースいたしました。

  • 採寸をしながら、入力。
  • 状態項目をチェックしながら、商品登録。

などなど、使用方法によっては、もっと利用シーンが拡がるかもしれません。

あくまでβ版としてのスタートですので、みなさまのご意見やご提案をお聞かせください。

ご利用方法

1.PCにマイクをセットし、入力設定をしてください

イヤホンマイクや、マイクのみでももちろん構いません。

2.商品詳細画面 右上のマイクアイコンをクリックします


アイコンをクリックして、アイコンの色が緑になれば、入力できる状態です。

3.商品の項目を発声します

まずは、どの項目を入力したいか選択するために、項目名を発声してください。
各項目下にIDが表示されますので、そのIDを発声いただいても結構です。
例) 「ブランド」「アイテム」「121(ひゃくにじゅういち)項目」

ちゃんと反応すれば、該当項目にフォーカスが当たります。

4.入力したい内容を発声します

実際に入力をしたい内容を発声してください。
選択項目の場合も入力されます。
※複数チェック項目がある場合(付属品など)は、続けて発声すればチェックがつきます。

5.終了の際は、再度マイクアイコンを押します。

音声入力が終わりましたら、再度アイコンを押してください。

動画でのイメージ

一連の流れとして、動画を用意しましたので、ご確認ください。

商品データのダウンロード(定型フォーマット)

商品>詳細検索画面から、該当商品のデータをダウンロードする際、

項目の指定と、ファイル形式を指定することができます。

これにより、必要最小限で商品データをダウンロードできますので、

待機時間なども削減できます。

 

1.商品>詳細検索 で、全件または1点でもいいので、検索をかけます。

設定ボタンを表示させる為だけの検索ですので、ここではどの検索結果になっても構いません。

 

2.検索結果リスト上部のタブ「商品データ」から、「歯車」アイコン(設定)を押します。

全項目データで問題がない場合は、設定をする必要はありません。

設定ボタン

 

3.「+新規作成」ボタンを押し、定型フォーマットを選択します。

新規作成ボタン

作成済みのものを編集または削除する場合は、編集の場合はアクション部分にある

「ペン」アイコン、削除の場合は「ゴミ箱」アイコンを押してください。

間違って削除されても、復元はできかねますので、慎重に操作ください。

アイコン

「+新規作成」を選択したら、次は「定型フォーマット」を選びます。

アイコン

 

4.各項目の設定を行います。

設定名と、ダウンロード形式を選択します。

設定名(注1)を指定し、形式(注2)を「CSVデータ」と「エクセルデータ」の2択から選択します。

アイコン

注1:設定名はダウンロードされるファイルには関連しません。
注2:品番の先頭が「0」などの場合は、エクセル形式を推奨しております。

「設定名」「形式」を指定した後は、ダウンロードしたい項目名にチェックを入れます。

商品情報・商品詳細・出品詳細の3つのタブからそれぞれ項目をお選びいただけます。

チェックが入っていない項目は出力されません。

アイコン
  • 「上記の内容で保存」ボタンを押さない限りは、保存されません。ボタンを押さずに途中で操作を完了してしまった場合は復元等はできませんので、あらかじめご了承ください。
  • コントロールカラム・商品番号は必須項目になります。項目のチェックに関わらず必ずダウンロードされる項目になります。
  • 「商品画像」にチェックを入れられましても、こちらで商品画像をダウンロードすることは出来ません。

商品データ一括アップロード

エクセル・CSVデータを用い、商品データを一括アップロードできます。

1. 「メインメニュー商品>一括登録編集」の画面に進みます。

画像一括アップロードも同じ画面になります。

2.  該当の商品データを画面左側「商品データのアップロード」から行います。

「ファイルを選択」からデータを選択してください。

一括アップロード対応ファイル

  • エクセルファイル(.xlsか.xlsx)
  • CSVファイル

※tsvファイルなどは無効になります。

1列目に「コントロールカラム」、2列目に「商品番号」をキーとし、それ以外の項目を一括操作できます。

 n:新規登録

 u:更新

 d:削除

 

3.「カテゴリーテーブル」を反映するかを決め、「登録」します。

カテゴリーテーブルとは、「アイテム」や「対象」によって、各モールのカテゴリーを自動判断するテーブルデータのことです。