設定

FutureShopへ一括出品をする前の注意点

WORLD SWITCH(ワールドスイッチ)(以下:WS)から

FutureShop(フューチャーショップ)(以下:FS)で受注データを取得する際に

「商品データ一括登録項目設定」のチェック項目に注意をしていただく必要があります。

 

1.必要項目にチェックが入っているか

商品データ一括登録項目設定

以下、チェックが入っていなければならない項目
※チェックボックス横の項目のみ表記

  • ステータス
  • 優先度
  • 定価
  • 消費税
  • 販売期間(From)
  • クール便指定
  • 送料
  • オススメ商品商品ページ内表示
  • 商品価格上部コメントHTMLタグ
     (この項目はグレー背景で取消線が入っており見逃しがちなので注意)
  • 在庫管理
  • バリエーション横軸名
  • バリエーション縦軸名
  • 会員価格設定
  • アクセス制限
  • ポイント付与率設定
  • ステータス(他社サービス)
  • サンプル商品設定
  • 最大購入制限個数
  • 入荷お知らせメールボタン表示
  • JANコード
  • キャッチコピー
  • レコメンド2:行動履歴収集タグ出力フラグ
  • お気に入り登録数
  • メール便指定
  • メール便同梱数
  • バンドル販売
  • 外部連携任意項目
  • Apple Payボタン表示
  • おすすめ商品表示パターン設定
  • 外部連携商品名
  • レイアウト割当名
  • ページ名(コマースクリエイター)
  • 商品一言説明(コマースクリエイター)
  • 商品説明(大)
  • 独自コメント(1)
  • レコメンド2:レコメンド表示フラグ(コマースクリエイター)
  • 商品URL
  • 税率設定

 

2.「商品データ一括登録項目設定」の確認方法

FSログイン後 → 運用メニュー → 商品管理 → 商品データ一括登録項目設定

商品データ一括登録項目設定 設定箇所

「商品」から設定が可能です。

商品データ一括登録項目設定 設定箇所

新規マスタデータの作成方法

マスタデータを新規追加する手順です。

 

1:マスタデータのダウンロード

商品 > マスタ管理 からどのデータでも問題ありませんので

マスタデータを「Exelファイルをダウンロード」からダウンロードしてください。

マスタデータダウンロード

 

2:必要項目の入力

ダウンロードしてきたExcelデータを開き、B列「category」の部分に

新しく登録したい名前のマスタ名を入れます。

 

エクセルデータカテゴリー列

例:仕入れ先の管理マスタを作成したいということであれば「supplier」など。

 
A列の「ID」はWSへアップロード後に自動で番号が振られるので、空欄にします。

エクセルデータカテゴリー列

 
date1などに登録したい値を入れます。

data1

 

3:アップロード

Exelファイルをダウンロードした同画面から、アップロードをします。

ファイルを選択から、作成したマスタデータを選択し「アップロード」ボタンからアップロードをします。

既に登録しているマスタと同じcategory名で登録をすると上書きされてしまいます。

必ず、マスタ名を変更してからアップロードを行ってください。

上書き登録をしてしまうと、元に戻せなくなりますのでご注意ください。

data1

FutureShopで受注データ取得時の注意点

FutureShop(フューチャーショップ)(以下:FS)で受注データを取得する際に

「受注データ項目取得設定」のチェック項目に注意をしていただく必要があります。

 

1.レコードナンバーから、追加属性項目20までチェックが入っているか

受注データ取得項目設定

以下、チェックが入っていなければならない項目

  • レコードナンバー
  • 受注コード
  • 注文日時
  • 請求合計金額
  • 総合計金額
  • 商品合計金額
  • 消費税合計
  • 包装手数料
  • 送料
  • 決済手数料
  • クール便手数料
  • その他手数料
  • 決済方法
  • 決済管理No
  • コンビニ区分
  • コンビニ支払番号
  • 購入経路区分
  • 通信欄
  • お客様へのご連絡事項
  • ショップメモ
  • 処理状況区分
  • 入金フラグ
  • 入金確認日
  • メール送信日(注文確認)
  • メール送信回数(入金確認)
  • メール送信日(入金確認)
  • 手続きフラグ
  • 手続き日
  • 会員ID
  • 氏名(姓)
  • 氏名(名)
  • フリガナ(姓)
  • フリガナ(名)
  • メールアドレス(メイン)
  • メールアドレス(サブ)
  • メールアドレス(モバイル)
  • 郵便番号
  • 地域区分
  • 都道府県区分
  • 住所1
  • 住所2
  • 住所3
  • 電話番号(メイン)
  • 電話番号(サブ)
  • 携帯電話番号
  • FAX番号
  • 性別区分
  • 生年月日
  • ニックネーム
  • 会社名
  • 会社名(フリガナ)
  • 部署名
  • 部署名(フリガナ)
  • 電話番号(会社)
  • 電話番号(FAX)
  • メルマガ受信可否フラグ
  • HTMLメール受信可否フラグ
  • モバイルメルマガ受信可否フラグ
  • アンケート回答内容01
  • アンケート回答内容02
  • アンケート回答内容03
  • アンケート回答内容04
  • アンケート回答内容05
  • アンケート回答内容06
  • アンケート回答内容07
  • アンケート回答内容08
  • アンケート回答内容09
  • アンケート回答内容10
  • 複数お届け先フラグ
  • お届け先氏名(姓)
  • お届け先氏名(名)
  • お届け先フリガナ(姓)
  • お届け先フリガナ(名)
  • お届け先郵便番号
  • お届け先地域区分
  • お届け先都道府県区分
  • お届け先住所1
  • お届け先住所2
  • お届け先住所3
  • お届け先電話番号
  • 包装名
  • お届け先別商品合計
  • お届け先別消費税
  • お届け先別基本送料
  • お届け先別クール便手数料
  • お届け先別包装手数料
  • お届け先別決済手数料
  • お届け先別明細番号
  • お店から後ほど連絡
  • クール便使用フラグ
  • 送り状番号
  • 着予定
  • お届け希望日
  • お届け希望時間
  • 詳細指定事項欄
  • 発送フラグ
  • 発送日
  • メール送信回数(発送通知)
  • メール送信日(発送通知)
  • 商品番号
  • 枝番号
  • 商品名
  • 項目選択肢
  • バリエーション名
  • オプション価格選択肢コード
  • オプション価格
  • 販売単価
  • 購入数量
  • 消費税種類
  • 消費税
  • ポイント利用の有無
  • ポイント利用条件
  • ポイント利用額
  • ポイントステータス
  • 最終更新日
  • 追加属性項目1
  • 追加属性項目2
  • 追加属性項目3
  • 追加属性項目4
  • 追加属性項目5
  • 追加属性項目6
  • 追加属性項目7
  • 追加属性項目8
  • 追加属性項目9
  • 追加属性項目10
  • 追加属性項目11
  • 追加属性項目12
  • 追加属性項目13
  • 追加属性項目14
  • 追加属性項目15
  • 追加属性項目16
  • 追加属性項目17
  • 追加属性項目18
  • 追加属性項目19
  • 追加属性項目20

 

2.「受注データ項目取得設定」の確認方法

FSログイン後 → 運用メニュー → 受注管理 → 受注データ取得項目設定

商品データ 自由フォーマット

左から3番目のタブ「futureshop」から確認・登録が出来ます。

商品データ 自由フォーマット

メールテンプレート挿入コードまとめ

メールのテンプレートを設定する際に頻繁に使用することのある

コードは以下になります。

◆モール別の分岐

<!–{if $arrOrderSSDetail[0].shop_id == ‘1’}–>

楽天の場合

<!–{elseif $arrOrderSSDetail[0].shop_id == ‘8’}–>

ヤフーの場合

<!–{else}–>

それ以外

<!–{/if}–>

 
「shop_id == ‘1’」の数字部分はモール(店舗)IDとなり、この数字を変更することで

各モールへ分岐させることが出来ます。

モール(店舗)IDは、WSの各モール設定の「店舗ID」をご確認ください。

◆支払い方法分岐

<!–{if $arrOrder.payment_method == ‘代金引換’}–>

代金引換

<!–{elseif $arrOrder.payment_id == ’34’}–>

(IDでも分岐できます)

<!–{/if}–>

 
支払い方法の分岐は「支払分類」もしくは「ID」で分岐できます。

支払分類、IDどちらもWSの「注文」 → 「支払方法設定」より確認することできます。

「元々の支払方法」で分岐させたい場合は、IDをご利用ください。

◆支払方法分岐から、更に店舗分岐をさせたい場合

例:
支払方法が銀行振込でモールが楽天の場合はAの文章、同じく支払方法が銀行振込だけど

モールがヤフーの場合はBの文章を出したいという場合は以下のようなコードになります。

<!–{if $arrOrder.payment_method == ‘銀行振込’ || $arrOrder.payment_id == ‘3’}–>

<!–{if $arrOrderSSDetail[0].shop_id == ‘1’}–>

A文章

<!–{elseif $arrOrderSSDetail[0].shop_id == ‘8’}–>

B文章

<!–{/if}–>

<!–{/if}–>

 
◆配送方法分岐

<!–{if $arrOrder.deliv_id == ‘1’}–>

佐川

<!–{elseif $arrOrder.deliv_id == ‘4’}–>

ヤマト

<!–{/if}–>

 
配送方法の分岐は「ID」で分岐できます。

配送方法IDはWSの「注文」 → 「配送方法設定」より確認することできます。

 
◆ログイン名

<!–{$login_name}–>

 
ログイン名とは、「基本設定」 → 「メンバー管理」で設定されていた「名前」のことです。

フルネームで記載されている場合は、そのままフルネームで出力されます。

 
◆ショップ名

<!–{$arrInfo.shop_name|h}–>

 
ショップ名とは、「基本設定」 → 「特定商取引法」で設定されている「ショップ名」のことです。

「特定商取引法」で設定されている「ショップ名」ではなく、各モールの店舗名で分岐をさせたい場合は

◆モール別の分岐」を使用し、下記のように設定します。

<!–{if $arrOrderSSDetail[0].shop_id == ‘1’}–>

○○○楽天市場店

<!–{elseif $arrOrderSSDetail[0].shop_id == ‘8’}–>

○○○Yahoo!店

<!–{else}–>

○○○店

<!–{/if}–>

 
◆伝票番号

[お荷物伝票番号] <!–{$arrShipping[0].shipping_num}–>

 
◆受注日より◯日後の日程(下記の例は7日)
 ※振込期限などに使用することがあります。

<!–{assign var=create_date value=$arrOrder.create_date|strtotime}–>

<!–{“+7day”|strtotime:$create_date|date_format:”%-m月%-d日”}–>

 
日数を変更したい場合は、2行目の「+7day」の数字を変更します。

例:3日後の場合は
<!–{“+3day”|strtotime:$create_date|date_format:”%-m月%-d日”}–>

となります。

◆送信日

<!–{$smarty.now|date_format:”%m月%d日”}–>

 
◆送信日から7日後

<!–{“+7 day”|strtotime:$smarty.now|date_format:”%-m月%-d日”}–>

 
上記、受注日より◯日後の日程の日数を変更したい場合は、2行目の「+7day」の数字を変更します。

例:3日後の場合は
<!–{“+3day”|strtotime:$create_date|date_format:”%-m月%-d日”}–>

となります。

FutureShopで会員価格を設定する場合の商品登録方法

FutureShop(フューチャーショップ)で会員価格を設定される場合は、

WORLD SWITCH(以下、WS)で、商品を一括出品した後に、

会員価格用のcsvデータをFutureShop(以下、FS)へ直接アップロードをする必要があります。

 

1.WSで一括出品が完了したら、FSにデータがアップロードされているか確認します。

FSへログインし、運用メニューを開きます。

FS管理トップ

 
運用メニューから、商品管理商品データ一括登録履歴一覧へ進みます。

FS運用メニュー

 
商品データ一括登録履歴一覧へ行くと、

ページ下部で「商品データ一括登録(CSV)」と「商品データ一括登録(画像)」の2つの

履歴が確認できますので、WSからアップロードしたデータのステータスが

SCVの場合「完了」、画像の場合「完了(エラーなし)」となっていれば、

商品データのアップロードが完了です。

商品データ一括登録履歴一覧

 

2.WSから価格登録用のデータをダウンロードします。

商品 → 詳細検索 → 商品データから商品データエクスポート設定の

自由フォーマットで作成した、FS用の価格登録用データをダウンロードします。

(※画像では「FS-価格登録用」となっていますが名前は任意で設定してください。)

商品データ 自由フォーマット

 

3.FSに価格登録用データをアップロードします。

FSの運用メニュー商品管理商品データ一括登録 へ進みます。

商品データ一括登録

 
商品データ一括登録のページ下部に、「商品データ一括登録」がありますので、

「価格登録用ファイルアップロード」にチェックを入れ、

先程、WSからダウンロードした「goodsPrice.csv」データをアップロードします。

商品データ一括登録

 

4.「goodsPrice.csv」のアップロードが完了しているか確認をします。

もう一度、1番の時と同じ手順で商品データ一括登録履歴一覧へ進み、

商品データ一括登録(CSV)で、先程アップロードした「goodsPrice.csv」の

ステータスが「完了」になっていれば、アップロード完了です。

商品データのダウンロード(自由フォーマット)

商品>商品検索画面から、該当商品のデータをダウンロードする際、

定型項目にはなかった項目を、自由に作成し、ダウンロードすることができます。

 

1.商品>商品検索 で、全件または1点でもいいので、検索をかけます。

設定ボタンを表示させる為だけの検索ですので、ここではどの検索結果になっても問題ありません。

 

2.検索結果リスト上部のタブ「商品データ」から、「歯車」アイコン(設定)を押します。

設定ボタン

 

3.「+新規作成」ボタンを押し、自由フォーマットを選択します。

新規作成ボタン

 

作成済みのものを編集または削除する場合は、

編集の場合はアクション部分にある「ペン」アイコン、

削除の場合は「ゴミ箱」アイコンを押してください。

間違って削除されても、復元はできかねますので、慎重に操作ください。

アイコン

 

「+新規作成」を選択したら、次は「自由フォーマット」を選びます。

 

4.各項目設定を行います。

「+行を追加」から項目を作成できます。

A:ヘッダ項目名を入れてください。

 「ヘッダ項目名」とは、csvデータの1行目に出てくる、項目名が記載されている部分です。

B:定型項目から出力したい項目のものがある場合はこちらから選択します。

 例えば、「ItemNumber」という項目を作成し、ここに「商品番号」のデータを出力したい場合は、
 定型項目の「商品番号」を選択します。

 また、「商品番号」「棚番」「登録日」など、組み合わせたデータを出力することも可能です。
 その場合は、項目設定に組み合わせたい項目を選択(最大3項目)し、
 間に「-」などの連結文字を入れたい場合は、「連結文字列」に「-」を入れれば、
 出力時に「商品番号」-「棚番」-「登録日」のように間に「-」が入った状態で出力されます。

C:固定の数値、文字列を入れたい場合はこちらの「固定値」にチェックを入れ、記入します。

 例えば、「在庫数」という項目に固定値「1」と入れると、
 在庫数の列は全て「1」が入った状態で出力されることになります。

D:テンプレートを使用したい場合は、こちらの「テンプレート使用」にチェックを入れ、記入します。

作成した項目の順番を入れ替えたい場合は、「順番」の上下矢印で入れ替えることが出来ます。

順番

 

5.出力フォーマットと設定名を決定し、保存します。

「出力フォーマット設定」から、文字コードと、出力する際のcsv名を設定し、

「設定名」から、名前を設定し「上記内容で保存」を押したら自由フォーマット作成終了です。

フォーマット・設定名

 

6.作成済み自由フォーマットのダウンロード方法

上記で作成した、自由フォーマットをダウンロードするには、

「商品 > 詳細検索」からダウンロードしたいアイテムを検索し、「商品データ」へ行きます。

すると下部画像枠内の位置に作成した設定名が出現しているので、ダウインロードしたい

アイテムにチェックを入れ、設定名を押すと自由フォーマットのダウンロードが可能です。

自由フォーマットダウンロード

商品登録画面レイアウト管理

商品詳細項目管理で作成した項目を配置し、使用できます。

プルダウンから編集したい項目を選択し、画面レイアウト管理へ移動します。

「商品登録画面レイアウト管理」の商品情報が「新規商品データ登録」の商品情報の部分になります。

商品登録画面レイアウト管理 商品情報
新規商品データ登録 商品情報

「商品登録画面レイアウト管理」の出品詳細が「新規商品データ登録」の出品詳細の部分になります。

商品登録画面レイアウト管理 出品詳細
新規商品データ登録 出品詳細

商品情報・出品詳細以下では、お客様の方で決められた各アイテムのレイアウトが編集可能となっております。

編集箇所を選択後、ページの最下部へ行くと、商品詳細項目管理で作成した項目や、
未使用の項目があるので追加したい項目をドラッグ&ドロップで配置したい箇所へ移動させてください。

項目選択画像

配置したい位置にうまく移動させられない場合は、
適当な場所へ配置してから、本来配置したい位置へ移動させてみてください。

商品詳細項目管理で作成した「複数設置可」にチェックを入れた項目については
一度下記URLをご覧ください。

>> 商品登録画面レイアウトの注意点

商品登録画面レイアウトの注意点

商品詳細項目管理にて作成された項目はお客様の方で「複数設置可」をご選択いただけますが、
1つのタブに対して、同じ項目を設置することは出来ない仕様となっております。

新規商品画像登録タブ

商品登録の際に商品 > 新規商品データ登録で登録をしますが、
1つの項目は各タブをまたいで使用することは出来ない為、「アイテム」という項目を
商品情報タブで使用した場合、残りの「商品詳細」「出品詳細」タブでは使用することは出来ないのでご注意ください。

項目複数設置例

システムの都合上、商品 > 商品登録画面レイアウト管理では
同じ項目を幾つも設置し、登録をすることが可能な状態ではありますが、
上部画像のように同項目を複数設置して登録されますと不具合の原因となりますので
「複数設置可」の項目は必ず、商品情報・商品詳細・各登録アイテムに1つのみの設置にしていただきますよう宜しくお願い致します。

複数設置可イメージ画像1 複数設置可イメージ画像2

上部画像のようにショルダーバッグという1つのアイテムに対して「幅」という項目を1つ設置、
ハンドバッグという1つのアイテムに対して「幅」という項目を1つ設置することが複数設置可という意味となります。

納品書・ピッキングリスト(店舗控え)の仕様について

受注管理にて活用いただける、納品書・ピッキングリストの仕様についてご説明いたします。

各モールの店舗名は、受注情報を判断し、表記を使い分けることが可能です。

なお、記載内容を受注単位で変更することはできかねます。
予め、ご了承ください。

下記に仕様をまとめましたので、ご確認くださいませ。

表示項目 変動/固定 出力箇所
アイコン 変動 受注があったモール
店舗名 変動 モール設定>各モールの「モールで使用している店舗名」
住所 固定 基本設定>特定商取引法 の「住所」
電話番号 固定 基本設定>特定商取引法 の「TEL」
メールアドレス 変動 モール設定>各モール「メール送信時のメールアカウント」。
上記入力の場合、基本設定>会社設定の「自動メール送信元メールアドレス」。

メニュー文言とレイアウト変更いたしました

ワールドスイッチのご利用方法をよりわかりやすくお伝えできるよう、
メニュー文言を変更し、レイアウトも一部変更いたしました。

変更内容は以下です。

変更前 変更後
共通項目管理
(/商品)
マスタ管理
レイアウト変更なし
店舗内カテゴリ設定
店舗内カテゴリCSV登録
(/商品)
「店舗内カテゴリ設定」に機能統一
レイアウト変更なし
商品詳細マスタ管理
(/基本設定)
商品詳細項目管理
(/商品)
商品入力画面レイアウト管理
(/基本設定)
商品登録画面レイアウト管理
(/商品)
オークション状況
(/ツール)
出品状況
レイアウト変更なし
コンテンツテンプレートマスタ管理
(/システム設定)
コンテンツテンプレート管理
レイアウト変更なし
配送方法設定・支払方法設定
(/基本設定)
レイアウトのみ変更
(/注文)

「マスタ」文言は、以後、商品詳細項目の「マスタ管理」のみ使用することとなります。
今回、大きなメニュー位置の変更はございません。

翻訳辞書やブランド登録などの際、特にご注意ください。
ご不便をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。