ショップサーブ

ショップサーブのセール価格を一括アップロードする方法

セール価格をショップサーブに一括アップロードするときの方法です。

1:商品データのダウンロード

お店運営>商品管理>商品台帳のページを開き、CSVファイル>価格・ポイント還元率・セールに関するデータをダウンロードします。

2:商品番号の整形

商品番号の頭に本来0が入っている場合は整形する必要があります。

8桁で0埋めする時は「=TEXT(該当セル番号,”00000000″)」とします。

このように8桁で整形されました。

0の入ったセルの値のみを商品番号の列に上書きします。

3:セール価格の反映

ダウンロードしたデータにセール価格のデータを反映させます。VLOOKUPという関数を使用します。

①検索値・・反映させる商品の商品番号

②範囲・・反映させたいデータの列全体を指定

③列番号・・セール価格の列番号(今回はB列にあるので[2])

④検索方法・・FALSE(完全一致)を指定

該当の商品番号のセール価格がない場合は「#N/A」、ある場合はセール価格が反映されます。

先程のコードを IFERROR([先程のコード],””) で囲むと「#N/A」が表示されなくなります。セール価格が存在するデータ以外は削除します。

4:必要項目の入力

セール価格のアップロードのための必須項目を入力します。

①陳列期間、セール期間・・Y

②陳列期間・・「陳列期間外の場合は商品を表示しない」→Y

「陳列期間外の場合は商品を表示するが購入できなくする→S

陳列期間を指定しない(セール期間のみセール価格で表示)→N

③セール期間・・Y

④セール項目・・セール価格の項目で表示される文言です。

⑤開始年月日、時刻、終了年月日、時刻

 

5:商品データアップロード

エクセルデータでは1000行までしかアップロードされませんので、それ以上のデータがある場合はCSVでアップロードします。

 

アップロードの成否は店長メール「shopmaster@アカウント.shopserve.jp」に送信されます。

「FTPによる商品一括登録」という件名で開始、完了、失敗の旨が通知されます。

ショップサーブ出品の流れ(出品セットダウンロード)

カートシステム「ショップサーブ」への出品方法を流れに沿って、ご説明します。

0.事前準備=FTPソフトの設定

画像ファイルは、FTPを利用してアップロードします。
FTPソフトをご準備いただき、アカウント・パスワードを事前に設定しておきます。

◆設定内容

ホスト ftp.shopserve.jp
アカウント、パスワード 管理画面>サーバー>FTPアカウントから確認できます。

1.ショップサーブへ画像アップロード(FTP経由)

ワールドスイッチにアップロードされたファイル名・画像ファイル数のまま、該当フォルダにアップロードします。
このとき、画像ファイルを圧縮せずに、アップロードします。
1商品につき、5枚まで画像登録が可能です。

◆アップロード先フォルダ:docs / pict

2.ワールドスイッチから、出品セットをダウンロードします。

該当商品にチェックを入れ、ダウンロードします。

解凍すると下記ファイルが封入されています。

  • imageupload.csv(アップロード画像登録ファイル)
  • item.xls(商品データ登録用エクセルファイル)
  • item-stock.csv(在庫数登録用ファイル)

 

3.imageupload.csvをアップロード

これにより、「1」でアップロードしたファイルを管理画面上に本登録できます。

◆操作画面:お店運営>画像管理>画像一括登録

※「画像リストのダウンロード」は操作不要です。

 

4.item.xls(商品データ)のアップロード

「3」の画像の本登録が終わりしだい、item.xlsを管理画面の該当箇所よりアップロードします。

◆操作画面:お店運営>商品管理>商品台帳(最下部)

※エラー内容が確認しやすいよう、「エクセルファイル」を利用しています。

 

5.item-stock.csvをアップロードし、在庫数の設定をします。

「4」での商品データに在庫数を紐づける作業になります。
こちらのアップロードが完了しないと、お客様が購入できる状態になりません。

◆操作画面:お店運営>商品管理>在庫管理(最下部)

※「上書き」にチェックが入っていることを確認し、アップロードしてください。
「追加」にした場合、ファイル内の在庫数が追加されることになります。