モール別

eBay:固定価格での出品期間がGTC(Good ‘Til Cancelled)のみとなりました

2019年3月18日より、イーベイでの固定価格出品の際の、
出品期間がGTC(Good ‘Til Cancelled)に統一されました。

固定価格出品とは:
FixedPrice(ワンプライス)での出品形式

GTCとは:
出品商品が購入されるまで、もしくはセラーによる出品終了(あるいはeBayによる出品終了)するまで、出品がされた状態であり、30日毎に出品しなおされます。
出品手数料の課金も30日毎に行われます。

従来の期間:1日、3日、5日、7日、10日、30日、GTC
3月18日以降:GTCのみ

現在、GTC以外で出品された場合でも、
自動的にGTCでの出品となり、警告がメッセージされます。
また、既存出品分は、自動再出品時(Relist)にGTCへ変更されます。

ワールドスイッチでは警告とならないように、
出品時のテンプレート設定で順次「GTC」へと変更をしております。

出品形式の変更、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

これにあたり、「オークション状況」での表示、動作に影響がある場合があります。
予めご了承いただけますと幸いです。

eBay:Description(商品説明文)内のaタグ(リンクタグ)警告文につきまして

今春のセラーアップデートにより、
商品説明文中のリンクタグ使用が警告として表示されるようになりました。

当サービスから提供させていただいているページテンプレートを
ご利用のアカウントにつきましては、
リンクタグ部分を削除させていただきました。

今後の出品分については、警告とならないかと存じます。

これまで:商品画像をクリック後、別タブで拡大画像の表示
これから:画像のリンク自体を削除

該当ページについては、固定価格(FixedPrice)の場合、
再度一括出品ボタンを押し、ページ内容の更新を行なってください。
オークション形式(Auction)の場合は、
出品期間が終了すれば、問題ないかと存じますが、
お急ぎの場合は、再出品作業をお願いいたします。

その他、独自テンプレートをご利用されている場合は、お問い合わせください。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

カテゴリーテーブルに登録する

カテゴリーテーブルを修正することで、カテゴリーID、店内カテゴリの出力設定の追加や修正が出来ます。

1. 商品>カテゴリーテーブルを設定します。

2. カテゴリーテーブルをダウンロードします。

3. ダウンロードしたエクセルファイルを編集します。

各モール毎にシートが分かれていますので、編集したいモールのシートを選択します。

1行目に取得したい値の項目名を入力し、その値を反映させるカテゴリを設定します。

(例)
アイテム:半袖シャツ 且つ 対象:メンズ の場合
カテゴリID551180
カテゴリ名 メンズファッション>トップス>Tシャツ・カットソー を反映させる

4. カテゴリーテーブルを登録する。

「ファイルを選択する」に修正したファイルを選択し、「この内容で登録する」をクリックします。

あす楽締切時間をお届け日指定に反映する

あす楽のリミット時間を設定することにより、発送指定日に自動で反映し、受注情報に出力させることが可能です。

1.モール設定>楽天 を選択します。

2.ショップ指定しているあす楽締切時間を設定します。

3.受注画面のお届け日指定に反映されます。

設定した「あす楽発送のリミット時間」を過ぎてのご注文は、翌営業日のあす楽注文として対応されます。

<例> あす楽発送のリミット時間:12時の場合

受注日時 2019/03/15 10:45 → お届け日指定 2019年3月16日
受注日時 2019/03/15 15:25 → お届け日指定 2019年3月17日

     

楽天へ商品情報を一括登録する方法

worldswitchとRMSの連携をしていない時に登録している商品情報をアップロードする手順です。

1. csvファイルを「楽天」の出品セットダウンロードより取得します。

2. item.csvを開きます。

3. 「rakuten***」を取り除き、 item.csvとitem-cat.csvのファイル名を整えます。

4. FTP接続し、ritem>batchフォルダの中に、item.csvをアップロードします。

5. 商品情報がアップロードされましたら、同様に ritem>batchにitem-cat.csvをアップロードします。

※item-cat.csvは店内カテゴリを追加するファイルです。

楽天へ商品画像を一括登録する方法

1. 画像ファイルを「ヤフオク」の出品セットダウンロードより取得します。

※画像のファイル名は大文字は使用出来ませんので、大文字でご登録されている際には必ず小文字に変更してください。

2. FTP接続して「cabinet」>「images」を開きます。

3. worldswitchで指定されている名前のフォルダを作成します。

<h4>フォルダ名がわからない時はお問い合わせください。(楽天の出品セットダウンロードで取得する、item.csvでもご確認頂けます)</h4>

4. 作成したフォルダに画像ファイルをアップロードします。

Shopify対応いたしました!

ワールドスイッチで出品・受注管理。

翻訳データ保持アプリである「LangShop」を利用し、多言語翻訳データを連携することで、海外からのアクセスをスムーズ化。
自社サイトとして運用し、ワールドスイッチに登録してある商品は簡単に翻訳出品もできます!

対応機能

  • 一括出品(自動翻訳)
  • 受注取り込み(メールトリガー)
  • 在庫連携
  • オークション状況 取得
  • オークション状況 価格変更操作
  • 一括ページ削除
  • 出品セットダウンロード
  • SKU(規格)対応
一括出品もチェックしてボタンを押すだけでOK

単なる翻訳サイトではありません。

翻訳データを保持するShopifyアプリ「LangShop」を追加することで、多言語翻訳した商品データをアップロードすることができます。
国内向けのサイト、アメリカ向けのサイト、と分類することなく、1つの「多言語対応自社サイト」として運用していただくことが可能です。

これにより、ただのブラウザでの翻訳ではなく、海外からのgoogle検索などにも引っ掛かり、グローバルなサイトが出来上がります。

「LangShop」では、通貨設定もでき、言語に合わせて対応ができます。
また、APIでの連携になるので、出品もスムーズです。

運用コストもリーズナブル!

引用元)Shopifyの月額料金・プラン

Shopifyだと、自分のサイトが簡単に出来上がります。
ベーシックプランであれば、29ドル/月から始められ、無料のデザインテンプレート(テーマ)もあるので、サイト運用費もリーズナブルです。
>>ご利用料金の詳細はこちら

LangShopは、別で17.99ドル+API利用料(〜39ドル)が必要ですが、Shopify利用料と合わせても、1万円以内で運用できます。
>LangShopの詳細はこちら

試用アカウントも発行が可能です。

ご連絡いただければ、弊社より開発用アカウント(無料)を発行いたしますので、本格運用まで無料で試用が可能です。
ぜひお問い合わせください。

ワールドスイッチでの使い方

  1. まずはセッティング
  2. 一括出品方法
  3. 注意点など
  4. よくある質問

shopify・LangShop API対応の設定方法

 

1.shopifyにログイン→アプリ→プライベートアプリを管理を選択します。

2. Private app nameを設定します。(ご自由にご入力ください)
Contact emailを入力します。(shopifyからの連絡を受け取ることのできるメールアドレスをご入力ください。)
Review disabled Admin API permissions をクリックすると、隠れていた項目が表示されます。

3.各項目の選択肢を「Read and write」に変更します。「Read and write」がない場合は「Read access」を選択します。
2と3の入力、設定が全て完了したら、一番下にある「保存」ボタンをクリックします。

4.I understand, create the app をクリックします。

5.shopifyのAPIの情報をWORLD SWITCHのモール設定に反映させます。

①SHOPIFYストア名前 = shopifyアドレス「https://*****.myshopify.com/admin・・・」  の*****部分がストア名前になります。
②SHOPIFY API キー = API key
③SHOPIFY パスワード = Password
※LANGSHOP API キーは後ほど設定します。


6.言語の翻訳アプリのインストール、設定を行います。
shopify → アプリ → shopifyアプリストアにアクセス をクリックします。

7. 「Lang Shop」を検索します。

8. 以下のアプリをクリックしてインストールします。

9. インストール後、shopify画面→ アプリ → LangShop → API に進みます。

10. Api Keys の画面から、 Add new をクリックします。

11. key title を入力します。(ご自由にご入力ください)
Read/Write を選択し、 Create をクリックします。

12.List your api keys のKeyを、WORLD SWITCHのモール設定のLANGSHOP APIキーに入力します。

13.Lang Shopの言語設定を行います。
アプリ → Lang Shop →  Setting を選択します。

14. Languages を選択し、  Add Language で追加したい言語を選択、 Add をクリックして追加します。完了すると、Saveで保存します。
15. Currencies を選択し、追加したい通貨単位を設定し、Saveで保存します。

ショップサーブのセール価格を一括アップロードする方法

セール価格をショップサーブに一括アップロードするときの方法です。

1:商品データのダウンロード

お店運営>商品管理>商品台帳のページを開き、CSVファイル>価格・ポイント還元率・セールに関するデータをダウンロードします。

2:商品番号の整形

商品番号の頭に本来0が入っている場合は整形する必要があります。

8桁で0埋めする時は「=TEXT(該当セル番号,”00000000″)」とします。

このように8桁で整形されました。

0の入ったセルの値のみを商品番号の列に上書きします。

3:セール価格の反映

ダウンロードしたデータにセール価格のデータを反映させます。VLOOKUPという関数を使用します。

①検索値・・反映させる商品の商品番号

②範囲・・反映させたいデータの列全体を指定

③列番号・・セール価格の列番号(今回はB列にあるので[2])

④検索方法・・FALSE(完全一致)を指定

該当の商品番号のセール価格がない場合は「#N/A」、ある場合はセール価格が反映されます。

先程のコードを IFERROR([先程のコード],””) で囲むと「#N/A」が表示されなくなります。セール価格が存在するデータ以外は削除します。

4:必要項目の入力

セール価格のアップロードのための必須項目を入力します。

①陳列期間、セール期間・・Y

②陳列期間・・「陳列期間外の場合は商品を表示しない」→Y

「陳列期間外の場合は商品を表示するが購入できなくする→S

陳列期間を指定しない(セール期間のみセール価格で表示)→N

③セール期間・・Y

④セール項目・・セール価格の項目で表示される文言です。

⑤開始年月日、時刻、終了年月日、時刻

 

5:商品データアップロード

エクセルデータでは1000行までしかアップロードされませんので、それ以上のデータがある場合はCSVでアップロードします。

 

アップロードの成否は店長メール「shopmaster@アカウント.shopserve.jp」に送信されます。

「FTPによる商品一括登録」という件名で開始、完了、失敗の旨が通知されます。

ebayの認証トークンの更新の設定方法

eBayへの出品時、以下のエラーが表示された場合、eBay認証トークンを更新する必要があります。
更新は、WORLDSWITCHのモール設定画面から設定することが可能です。

 

Auth token is hard expired, User needs to generate a new token for this application.

 

①モール設定>eBay>API用トークン

 

 

②「認証してトークンを取得」をクリック→別タブでebayのログイン画面が開きます。

 

③トークン発行の確認画面が表示されます。

④「Agree」で完了です。WORLDSWITCHのモール設定にも自動で反映されます。