商品

店内カテゴリの追加・編集方法

店内カテゴリを追加・編集する方法をご紹介します。

1. カテゴリーテーブルをダウンロードします。

商品>カテゴリーテーブル設定より、「カテゴリーテーブルExcelをダウンロード」をクリックします。

2. カテゴリーテーブルを編集します。

ダウンロードしたエクセルファイルを修正します。

1.「店内カテゴリ」のシートを選択します。
2. 先頭行がカテゴリーを判別するための項目名です。A-Fまでの6項目設定出来ます。
3. 新規カテゴリを追加する場合は、行を追加します。
4. 各項目に設定したい情報を入力します。
5. 紐付けたいカテゴリIDとカテゴリ名を入力します。
6. カテゴリIDは、商品>店舗内カテゴリでご確認頂けます。
7. 「|」でつなげることで、情報を追加出来ます。
例)
対象・・メンズ|ユニセックス(メンズもしくはユニセックス)
アイテム・・半袖シャツ|長袖シャツ|ポロシャツ|カジュアルシャツ|ワイシャツ
(各種シャツのアイテムの時)
カテゴリ・・ID44のメンズ>トップス>シャツに分類させる。

3. 編集したカテゴリーテーブルをアップロードします。

  1. の画面より、編集したファイルを「ファイルを選択」で指定し、「この内容を登録する」をクリックします。

アイテムを登録・編集する

アイテムを追加して商品登録するためには、

  1. アイテムをマスタに追加する
  2. 追加したアイテムの商品詳細画面に必要な項目を配置する
  3. 追加したアイテムに各モールのカテゴリを紐づける

が必要となります。

1.アイテムを登録する


(1) 商品>商品共通項目管理>「item」を選択します。

(1) 「新規追加」ボタンを押し、各項目を入力します。

・表記1:アイテム名

・表記2、表記3などは、アイテムの種別やキーワードとしてお使いの場合はご入力ください。

「この内容で登録する」をクリックすると、更新完了です。

2.商品詳細画面に必要な項目を配置する


追加したアイテムの商品登録に必要な項目を設置する必要があります。

(1) 基本設定>商品入力画面レイアウト管理>を選択し、追加したアイテム名を選択します。

(2) 画面下部の項目リストより、必要な項目をドラッグして上部にレイアウトします。

※項目の角にカーソルを合わせることで、任意の大きさにサイズ変更も出来ます。

(3) 必要な項目が配置出来ましたら、ページ最下部の「この内容で登録する」をクリックして、完了です。

3.追加したアイテムに各モールのカテゴリを紐づける


各ECモールの中古品コンディション規定について

楽天やヤフオクなど、各モールにてコンディション表記のルールが設けられています。
ワールドスイッチでは、各アカウントごとに設定をさせていただいており、
「商品>共通項目管理>condition」で状態ランクに紐づけることが可能です。

楽天市場

設置項目名:タグID

タグIDで数値を入力する形式で、設定していきます。
なお、商品名に「【中古】」と記載することで、楽天中古市場の対象商品となります。

新品タグID設定なし
新古品・未使用品9000007
ほぼ新品9000002
非常に良い9000003
良い9000004
9000005
難あり9000006

上記のコードに加え、中古品の場合は共通で「9000001」を記載します。
例)非常に良い =900001/9000003

また、「JANコードなしの理由」も必須事項ですので、中古品の場合「5:該当なし」の数値も記載することになります。

ヤフオク!

設置項目名:商品の状態

下記文言のまま、「商品の状態」に記載します。

新品、未使用
未使用に近い
目立った傷や汚れなし
やや傷や汚れあり
傷や汚れあり
全体的に状態が悪い

eBay(イーベイ)

設置項目名:ConditionID

各商品のカテゴリごとにルールが多少違います。
ここでは、ファッション・バッグ・シューズ・ジュエリー・腕時計のルールを記載します。

状態設置コード状態説明
新品1000New with tags/New with box
新品(完品ではない)1500New without tags/New without box
新品(欠陥がある)1750New with defects
中古3000Pre-owned

ヤフーショッピング

設置項目名:condition

状態コードID
新品0
中古1

※お客様への訴求のため、中古品の場合、商品名に「中古」と記載することを推奨

Amazon.co.jp

設置項目名:商品の状態

未使用品UsedLikeNew
非常に良い状態UsedVeryGood
良い状態UsedGood
ダメージが目立つ状態UsedAcceptable

※新品の取り扱いの場合、「NewItem」という数値になりますが、
原則ASINに紐づけての出品になるため、ここでは詳細を省きます。

Reebonz MarketPlace

設置項目名:condition(状態)

新品Brand New
未使用品Unused
美品Pristine
良い状態Mint
ダメージがあるGood

共通項目管理 設定例

「商品>共通項目管理>condition」で、ランクへの紐付け設定として、下記のような表を作成することで、各モールのコードを管理しやすくできます。

カテゴリーテーブルに登録する

カテゴリーテーブルを修正することで、カテゴリーID、店内カテゴリの出力設定の追加や修正が出来ます。

1. 商品>カテゴリーテーブルを設定します。

2. カテゴリーテーブルをダウンロードします。

3. ダウンロードしたエクセルファイルを編集します。

各モール毎にシートが分かれていますので、編集したいモールのシートを選択します。

1行目に取得したい値の項目名を入力し、その値を反映させるカテゴリを設定します。

(例)
アイテム:半袖シャツ 且つ 対象:メンズ の場合
カテゴリID551180
カテゴリ名 メンズファッション>トップス>Tシャツ・カットソー を反映させる

4. カテゴリーテーブルを登録する。

「ファイルを選択する」に修正したファイルを選択し、「この内容で登録する」をクリックします。

ブランド・素材の表示順を変更する方法

ブランドや素材など、マスタで管理しているプルダウンの表示順は、自由に変更して頂くことが出来ます。

1. 商品>商品共通項目管理>変更したい項目を選択し、Excelファイルをダウンロードします。

ブランドは「brand」、素材は「material」をご指定ください。

2. rankの列に表示したい順番の数値を入力します。

worldswitch上で新規追加したものはrankが0になっており、一番上部に表示されています。

3. 数値を更新したファイルをアップロードします。

商品ページプレビュー(β版)

商品一覧画面から、楽天市場・ヤフオクのみ商品ページのプレビューができるようになりました。

商品一覧画面の右側「編集」横の「▼」をクリックし、「プレビュー」を押してください。

各モールのプレビューが現れます。
出品ステータス、ページURLなども確認でき、画面右の「PC・スマホ」アイコンで各画面を切り替えられます。

注意点

  • ヘッダーなどを読み込むため、プレビューに時間がかかる場合があります。
  • CSSファイルなどの読み込み仕様のため、レイアウトが崩れることがあります。
  • タイムラグにより、出品ステータスがズレることがあります。

商品検索:詳細検索の保存

新たに検索条件の保存ができるようになりました。
条件に名前を付与し、次回からの検索に利用できます。

1.商品検索スペース右上の「詳細検索」ボタンをクリックします

モーダルウィンドウが開き、項目を設定できる画面になります。

2.それぞれ検索項目を選択・入力します

①「検索時に入力する」にチェックを入れると、保存した条件に対して、その部分だけは実際の検索時に入力することができます。
※下記の保存検索方法を参照

②検索条件について名前を決め、保存できます。
「条件保存せずに検索」を押すと、そのまま

「設定内容」タブで確認ができます。

3.保存内容の確認、実行

保存した条件は、検索スペースのタブに表示されます。
該当の保存条件を選択した上で、検索ボタンを押してください。

保存条件を編集したい場合は、ダブルクリックをしてください。
削除したい場合は、保存条件を選択した上で、右側の「削除」を押してください。

「検索時に入力する」にチェックを入れた項目は該当保存条件を選択すると、その下に表示されます。入力の上、検索してください。

商品検索:クイック検索

商品検索でのクイック検索タブは、項目を自由にカスタマイズできます。
従来の商品検索でも利用できなかった注文情報なども配置が可能です。

1:クイック検索タブの右上「項目レイアウト」をクリック

クリックすると、ウィンドウ(モーダルウィンドウ)が開きます。

2:レイアウトしたい項目を選びます


画面左側:レイアウトしていない項目
画面右側:レイアウトする項目

それぞれ選択をして、画面中央の配置ボタンで移動していきます。

レイアウト順序の変更は、項目を選択した上で、画面最右部の順序ボタンで行えます。
※「商品情報」や「商品詳細」など見出し項目間での移動はできません。

3:登録ボタンを押して、実際の検索スペースを確認

「2」で設定した順番で、左詰めで配置されます。
・商品番号
・商品名
・在庫数
は、検索画面での必須項目のため、配置変更はできません。

商品検索の仕様変更

商品検索が、より詳しく、よりカスタマイズ性の高くバージョンアップいたします。
注文情報に関しての検索、および検索条件を保存でき、店舗管理者にも嬉しい機能になるかと思います。

主な仕様変更

  • 商品検索項目の自由配置(クイック検索)
  • 詳細検索設定
  • 注文内容の項目検索追加
  • 詳細検索条件の保存

検索項目の各使い方

従来の検索項目ではありますが、必要な項目だけを配置することが可能です。
「発送日」や「販売モール」など、注文内容を配置することもできます。
ここでは各項目の使い方を紹介いたします。

①商品番号検索
カンマ区切り、改行で複数番号での検索が可能です。
(単一の商品番号検索は、今回より削除しました。)

②商品名検索は、「表示用商品名」から複数キーワードでの検索が可能です。
キーワードの間にスペースを入れて検索してください。
(例:ヴィトン ショルダーバッグ)

③期間や価格など、指定間の検索ができるようになりました。
[左フォーム]〜[右フォーム]とお考えください。
例:登録日 2019/1/1〜2019/2/1
  在庫数 〜0=在庫なし、1〜=在庫あり

④日付指定項目については、「未入力」のチェックもできます。
登録日に何も入力されていない商品を検索するなどに使用が可能です。

⑤アイテムやブランドなど、「共通項目管理」を使用している項目は、複数選択することができます。
キーワードを入力し、該当のものを選択してください。
入力後に不要な場合は、右の「×」を押すことで対象外にします。

⑥プルダウンで表示されている項目も、複数選択することが可能です。
「Shift」を押しながら選択することで、複数選択できます。
解除する場合は、最上部の「空白」のみを選択してください。

具体的な機能紹介

各タブの設定・使い方は下記から確認してください。

素材を登録・編集する

商品詳細画面で「素材」の選択肢の追加・編集することができます。

1. 商品>商品共通項目管理>「material」を選択します。

2. 新規追加の場合は、「新規追加」ボタンを押し、表記1を入力します。

3. 編集する場合は、「マスタ選択」から編集したい素材名を選択します。

「この内容で登録する」を押せば、更新完了です。
次回、商品詳細画面より反映されます。